2月11日(祝・日)に行われる共同通信杯2018の枠順が確定しました。
共同通信杯2018出馬表

グレイルは8枠12番
ステイフーリッシュは7枠9番
ゴーフォザサミットは7枠10番
サトノソルタスは1枠1番


1枠1番 サトノソルタス
2枠2番 カフジバンガード
3枠3番 アメリカンワールド
4枠4番 エイムアンドエンド
5枠5番 コスモイグナーツ
5枠6番 オウケンムーン
6枠7番 ブラゾンダムール
6枠8番 トッカータ
7枠9番 ステイフーリッシュ
7枠10番 ゴーフォザサミット
8枠11番 リュウノユキナ
8枠12番 グレイル



過去3年で1番枠の馬が2勝。
今年はサトノソルタスが入りました。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ということも併せて要注意ですね。

4番枠、8番枠も2頭が馬券圏内に来ています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第52回 共同通信杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 共同通信杯を3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の勝ち馬スワーヴリチャードはダービー2着、16年の勝ち馬ディーマジェスティは皐月賞を優勝、15年の勝ち馬リアルスティールは皐月賞2着、菊花賞2着、14年の勝ち馬イスラボニータは皐月賞1着、ダービー2着と近年の勝ち馬はクラシック路線でも活躍。
90年以降の勝ち馬でも、アイネスフウジン、ナリタブライアン、メジロブライト、エルコンドルパサー、ジャングルポケット、アドマイヤムーンなどがおりクラシックの登竜門として名馬を送り出している注目の3歳重賞戦。

今年のメンバーでは、ホープフルSの制したタイムフライヤーを京都2歳Sで負かしたグレイル、ホープフルS・3着ステイフーリッシュ、2連勝中のゴーフォザサミットなどが参戦するが、クラシック路線で活躍する馬が出てくるのか。
競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!
クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。
今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。
情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第52回 共同通信杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 共同通信杯を3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

競馬セブン共同通信杯