10月8日(祝・月)に行われる京都大賞典2018の予想です。
京都大賞典2018予想
京都大賞典の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【京都大賞典】過去5年の傾向

☆スタミナ的な持続力に優れたタイプが中心になっていて、グレイソヴリン系などのスタミナ型ナスルーラ系(大系統)や、リファール系サドラーズウェルズ系ニジンスキー系などのスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)といった血統が重要になっています。


☆それでも近年はレース後半のスピードが要求されやすくなっていることもあって、スタミナ一辺倒では厳しい印象。
スタミナに不安のない血統にミスプロ系などスピードのある血統、というバランスの配合が良さそうです。


☆京都巧者には要注目ですね。


★京都芝コースの傾向
京都大賞典2018予想参考

ワークフォース産駒(ミスプロ系)の活躍が目立っています。
ワークフォース(ミスプロ系)自身は父キングマンボ系(ミスプロ系)×母父サドラーズウェルズという配合です。


先週は予告の倍額勝負レース2戦2勝!
土曜日のシリウスSで31万円獲得、日曜日のスプリンターズSでは11番人気の▲ラブカンプー2着で20万馬券的中で60万円の払い戻しとなりました。
今週は3日開催となり、重賞3鞍+勝負レース2鞍提供の特別週となります。






◎は父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ホワイトマズル(リファール系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
昨年の勝ち馬でもありますし、京都記念でも牡馬相手に好走するなど、京都の特に外回りコースは得意。
母父がホワイトマズル(リファール系)ということもあり優れた持続力を持っているので、下り坂で無理せず加速をつけやすい京都外回りコースは合っているのだと思います。
出来るだけ距離ロスを抑えながら動くスペースを確保して進めることが出来れば今年もチャンスあり。


○サトノダイヤモンド
こちらもディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
もともと器用ではない持続力タイプなので、京都の外回りコースは合っています。
そして血統的にはスピードよりなものの、経験が長距離寄りなので、開幕週でスピードが要求されつつそれなりのスタミナも要求されるというバランスもこの馬向きのはず。


▲プラチナムバレット
父マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)×母父ホワイトマズル(リファール系)
この馬も母父ホワイトマズル(リファール系)ですし、スマートレイアーの弟ということもあって京都外回り適性は高く、京都新聞杯を勝っています。
上手く立て直しが出来たかどうかは走ってみないとわかりませんが、マンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)は休み明けから動けるタイプが多いですし、要注意の存在だと思います。


△シュヴァルグラン
父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父Machiavellian(ミスプロ系)
スタミナ的な持続力はもちろん、母父Machiavellian(ミスプロ系)という配合で機動力やスピードの面でも不安の少ない馬。
ここも適性は高い舞台ですが、他に魅力的な馬がいたので4番手評価になりました。


△ウインテンダネス
父カンパニー(グレイソヴリン系)×母父マジックマイルズ(ミスプロ系)
血統的にキレ味はあまりないので京都は良いですし、この馬自身がスピードレースでの実績もあることから開幕週でも対応出来そう。


△アルバート
父アドマイヤドン(ミスプロ系)×母父ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)
アドマイヤドン産駒(ミスプロ系)は2016年アドマイヤデウスが2着に好走しています。
持続力はあるのであとはスピードだけ。
下り坂までに勝負圏内にいれば最後までもつ可能性はありますし、モレイラ騎手ならそれをやってくるのではないかとも思います。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○サトノダイヤモンド
▲プラチナムバレット
△シュヴァルグラン
△ウインテンダネス
△アルバート
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


PR.『馬生(ウマナマ)』の強みは現場からのナマ情報と少ない買い目です。
『京都大賞典』でも信用できるナマ情報は必見です。


今週は3日間開催!
注目は月曜京都の『京都大賞典』

夏競馬を使ってきた馬と
秋競馬の初戦となる馬が一緒に走るレースですから
各馬の状態と能力の把握が重要になりますね。


こういう時に頼りになるのが現場の生情報ですし、
今回見つけた『馬生(ウマナマ)』は、その生情報に定評があるんです。

調整過程での状態はもちろん、
レース当日の馬場状態や、
パドックに返し馬までしっかりとチェックして
まさにナマ情報を配信してくれます。

僕なんかは血統で予想を組み立てていますから、
こういうナマ情報を補完できることはかなり助かりますし、
とてもプラスになっています。

これは他にもデータ派、指数派など
いろいろな方にとってもそうなると思いますね。


また、馬生は買い目が少ないことも良い!
その一例として先日の的中例を紹介します。

☆:*:★:*:☆:*:★:☆
> レインボープラン
> ☆:*:★:*:☆:*:★:☆
> 2018-9-29(土)
> ●中山1R
> ★3連単18点★2歳未勝利
> 発走:10:10
>
> タイトロープウィンはコース替わりが鍵となるが、再度の流れ込みに期待。うまく仕掛けることが出来れば勝機は十分。状態も好調をキープしており稽古でも元気一杯菜動きを見せている。タンクティーエーは3ヶ月の休養あけでのダート変わり。パワーがありそうなタイプで、この舞台なら変わり身は必至だろう。
> ___________
>
> ◎ 15番 タイトロープウィン
> ○ 10番 タンクティーエー
> ▲ 5番 シゲルヒスイ
> △ 1番 ケイアイブロンズ
> ☆ 4番 ケイアイビリジアン
> ___________
>
> ≪3連単1着固定フォーメーション≫
> 【1着】10・15
> 【2着】1・4・5・10・15
> 【3着】1・4・5
> (計18点)
> (1点1000円推奨)
>
> ●中山1R
> ★3連単18点★2歳未勝利
> 3連単10-1-4
> 216万5800円!! ←3連単18点的中!!
> (馬券代18,000円)

--------------------
ナマ情報が正確だからこそ、
3連単でもたった18点まで絞ることができているんですね。

いくら3連単で高配当とかいっても、
やっぱり常識的に考えて、何十点も買うっていうのはきついと思うんですよ。

その点、馬生は18点で的中していますからね!
しかもそれで216万円の払い戻しはリターンがでかい!
これは無理なく実践できる範囲だと思います。

このお手軽感と爆発力をあわせもつ予想は
『馬生(うまなま)』の真骨頂だと思いますね!

このレインボープランは有料情報で、納得の凄さなのですが
まずは無料情報で『馬生(うまなま)』の実力を試してみて下さい。

無料情報も侮れないですよ。

少点数で大きく勝つ!『馬生(ウマナマ)』の【京都大賞典】無料極秘ナマ情報は必見!
人数限定での公開ですので、いまのうちに登録することがオススメです!

  ↓  ↓  ↓  ↓
馬生京都大賞典