京都金杯2018出走予定馬1月6日(土)に行われる京都金杯2018のプレ予想中編です。
ブラックムーンなどについて書いています。
ケントオー
ダンスインザダーク産駒
オープン特別なら何とかなっても、
重賞で京都のマイルは少し厳しい。


スズカデヴィアス
キングカメハメハ産駒
これまでのレース運びから、
1600mのスピードに戸惑ったり、位置が後ろになりすぎる可能性もある。
良馬場だと厳しいかも。
印を打つかどうか。


ストーミーシー
アドマイヤムーン産駒
京都で長く脚を使うようなタイプでもないので、
好走するにはイン突きか。


ダノンメジャー
ダイワメジャー産駒
マイルチャンピオンシップは相手が強すぎたが、
このメンバーであれば勝負できる。
これまでの経験からパンパンの良馬場だと少し不安はあるが。
△候補。


ブラックムーン
アドマイヤムーン産駒
どうしても脚質的にあてにはできない。
タフな馬場の方が良いので、
道悪になってくれた方が届きやすいはず。
△候補。

複数の好走血統を持つ京都金杯の血統注目馬は、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。



□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 京都金杯(G3)

<<参加者全員に特別無料公開!>>
  万馬券を狙う【お年玉馬券】を
     特別無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『一年の計は元旦にあり』ということわざがあるように、競馬界も『一年の計は金杯にあり』と言われている。
格付けだけ見れば、東西共にG3の1つに過ぎぬレースではあるが、やはり新年最初の重賞であることから、
他の重賞とは一線を画して、関係者のみならず一般ファンからも大きな注目を集めるのが金杯というレースなのだ。

金杯を勝つ、金杯の馬券を獲れば、誰しもが『新年早々、縁起がいい』と思うことだろう。
特に、個人馬主のほとんどは本業を持っているだけに、縁起を担ぐ人間というのは少なくない。
場合によって、金杯で勝利を挙げることは、GIを勝つのと同じくらい大きな意味を持つといっても過言ではないのだ。
スポンサーである馬主を喜ばせるのは厩舎経営の基本だが、馬主が絡む裏事情というのはほぼ表に出回ることのない話。
無論、出走する全ての陣営が勝負というわけではないだけに、どの馬が“勝負”なのかを見極めることが、金杯の馬券的中に繋がる大きなポイントになる。

弊社シンクタンクにはハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二、グリーングラスの安田富男といった、
元騎手・元調教師の超大物たちを情報ルートとして擁しており、
世間に出回らない関係者の本音や裏話を網羅することが可能

今年の金杯も、毎年恒例の『お年玉情報』として高配当的中が狙える状況が整っており、
本来であれば、このレベルの情報を無料で後悔することはないのだが、
それは”新年・お正月”ということで特別も特別。
今年は京都金杯の『お年玉情報』を参加者全員に特別無料公開させて頂く。
”オトナのお年玉”を入手する年に一度の大チャンス。
是非見逃さないで欲しい。(※お年玉馬券の公開は初めてシンクタンクを利用する方に限らせて頂きます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 京都金杯(G3)

<<参加者全員に特別無料公開!>>
  万馬券を狙う【お年玉馬券】を
     特別無料公開

ココをクリック!

シンクタンク金杯