京都金杯2018出走予定馬1月6日(土)に行われる京都金杯2018のプレ予想後編です。
レッドアンシェルなどについて書いています。
ベステンダンク
タイキシャトル産駒
能力的に少し落ちるが、
京都は合うので条件次第では面白いかも。
印を打つかどうか。


マイネルアウラート
ステイゴールド産駒
先行して、一瞬ではあるが速い脚を使える。
京都ならそれで惰性で乗り切れるかもしれない。
△候補。


マサハヤドリーム
メイショウサムソン産駒
仕掛けが上手く行けばこのコースでも好走できるが、
重賞ではスピード負けの不安あり。


ラビットラン
Tapit産駒
ターコイズSは外を回ったこの馬には厳しかったことは確かも、
早めに動いたり、位置を取ったりすると脚色が鈍ることは気になる。
能力高いが勝ちきることは?
△候補。


レッドアンシェル
マンハッタンカフェ産駒
秋2戦は先行出来ているのが良い。
母父のStorm Catの持続力も活かしやすいし、
同じような競馬が出来れば重賞制覇のチャンス。
重い印候補。

複数の好走血統を持つ京都金杯の血統注目馬は、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■中山金杯・京都金杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  東西金杯を3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年度、中央競馬の開幕は1月6日(土)となる。
初日の重賞は中山・京都で行われる金杯で開幕。
正月開催の目玉重賞として毎年注目されているハンデ重賞である。
過去10年、人気馬の成績は、中山金杯・1人気[4.1.3.2]、2人気[2.1.0.7]、3人気[2.0.0.8]、京都金杯・1人気[2.3.0.5]、2人気[0.2.1.7]、3人気[3.2.0.5]。中山金杯の平均配当では、馬連2520円、3連複1万1600円、3連単5万3810円、京都金杯の平均配当は、馬連3570円、3連複1万6760円、3連単9万4180円となっている。

2017年の中山金杯は1人気ツクバアズマオーが初重賞制覇。函館記念・オールカマーで3着と重賞でも接戦していたが年初めの金杯で待望の重賞勝ち。近5走は3.3.4.3.1着と安定した成績を残していたように充実期に入っていた。2016年の勝ち馬ヤマカツエースは前走の福島記念を勝っており勢いのまま重賞2連勝。2015年の勝ち馬ラブリーデイは中山金杯で初重賞制覇を挙げ、その年の鳴尾記念・宝塚記念・京都大賞典・天皇賞秋を4連勝しており、金杯から本格化した1頭だ。

2017年の京都金杯は1人気エアスピネルが優勝。3歳時はクラシック路線で皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着と善戦したが距離の壁に泣いた。マイル路線に切り替えてから重賞2勝、マイルCS2着などマイルGIの主戦格としてGI初制覇を狙っている。2016年は牝馬ウインプリメーラが快勝。人気薄テイエムタイホー(13人気)が2着となり、馬連1万5400円、3連複6万3710円、3連単34万7310円の大波乱となった。1人気馬が2勝のみで人気を裏切るケースが多く、二桁人気馬では12年アスカトップレディ(10人気)、10年レインダンス(13人気)が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

2017年の京都金杯では◎エアスピネルから馬連1120円、3連複3260円、3連単1万1040円のパーフェクト的中!
お年玉開催の正月競馬でもAJCC(2万8980円)的中など、多数の万馬券をお届け!今年も年初めの重賞・東西金杯でお年玉馬券をお届けできる強力情報を入手済!お見逃しの無い様ご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『東西金杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■中山金杯・京都金杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  東西金杯を3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開


━━━━━━━━━━━━━━━

競馬セブン金杯