1月6日(土)に行われる京都金杯2018の予想です。
京都金杯2018予想
京都金杯の出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【京都金杯】過去5年の傾向
ノーザンテーストの血統を持つ馬がよく走っています。
昨年の勝ち馬エアスピネルも母母父がノーザンテーストです。
今年の京都金杯の出走馬では、ウインガニオン・ダノンメジャー・マイネルアウラートがノーザンテーストの血統を持っています。


ダンチヒ系にも注意したいですね。
今年の京都金杯の出走馬では、ウインガニオンの母父がダンチヒ系です。


ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)はこのレースでもよく走っていますが、今年はいません。


☆その他にもスペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)ステイゴールド(サンデーサイレンス系)といった、スタミナのあるサンデーサイレンス系は走っています。



★昨年同開催の京都芝1600m外回りコースの傾向
京都金杯2018予想参考


キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)が2勝。
京都金杯もキングカメハメハ産駒のエアスピネルが勝ちました。
京都金杯の出走馬では、クルーガー・スズカデヴィアスがキングカメハメハ産駒です。


スペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)リーチザクラウン(サンデーサイレンス系)親子の産駒が活躍していました。
京都金杯の出走馬では、キョウヘイがこの血統を持っています。


ダンチヒ系もよく走っていましたね。
京都金杯の出走馬では、ウインガニオンの母父がダンチヒ系です。



【外厩の鉄人】遠藤真吾(元騎手)による京都金杯(G3)【独占】外厩情報
⇒ 遠藤氏からの情報、無料登録はコチラ




◎はマンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)×母父Storm Cat(ストームバード系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
マンハッタンカフェ産駒は2014年ガルボ、2013年ヤマニンウイスカーと人気薄の好走馬が出ている京都金杯の好走血統。
本命馬はまず先行力があることが良いですし、母父のStorm Catはスピードの持続力に優れているので、京都の下り坂を上手く使えば活きてくる血統。
強気の競馬が出来ればここは重賞制覇の大チャンス。


○マイネルアウラート。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)は2016年ウインプリメーラが勝利。
好走血統のノーザンテーストを含んでいますし、マイネルアウラート自身はノーザンテーストのクロスも持っています。
先行力も魅力。
使える脚は短いですが、これも京都なら下り坂で勢いをつけることが出来れば何とかなりそう。


▲ウインガニオン。
こちらもステイゴールド産駒
マイネルアウラートと同じく先行力はあるものの、使える脚は短い。
(というよりも、この血統で先行すると使える脚が短くなるのは仕方がないことなのかもしれません)
平坦の新潟では粘れていましたし、こちらも下り坂を上手く使えるかどうかがポイント。


△カラクレナイ。
差し馬として重賞も勝った馬ですが、そろそろ父ローエングリン(サドラーズウェルズ系)の影響が出始めてきたのか差すスタイルでは限界が見えてきたかも。
逆に先行して持続力を活かすスタイルなら血統の良さを出せる可能性は残っていますし、やるなら今回がちょうど良い舞台だと思います。


△ラビットラン。
Tapit産駒(ボールドルーラー系)
能力はもちろんここでも上位。
持続力のある血統。
京都外回りで内枠なら、ここ2走のような早めの競馬で問題ないと思います。


△クルーガー。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
能力的には最上位と言っても良いですし、キングカメハメハ産駒も京都金杯を2年連続で好走している血統で悪くない。
ただ、この馬の場合は少しパワー寄りの印象があり、道悪だった近2走は馬場がプラスになっていたことも確か。
今回京都で良馬場になると、信頼度は落ちる。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○マイネルアウラート
▲ウインガニオン
△カラクレナイ
△ラビットラン
△クルーガー
買い目:◎○▲の単勝、◎から馬単・3連単マルチ、3連複ボックス


【外厩の鉄人】遠藤真吾(元騎手)

1/6(土)スポニチ賞京都金杯(G3)予想

※【独占】外厩情報※
■1/6(土)スポニチ賞京都金杯(G3)予想+他レース
【今週のスペシャルキャンペーン】を確認(目標獲得金額300万円)
⇒ 遠藤氏からの情報、無料登録はコチラ

年始からの動きに対して陣営&オーナーの意向による面が大きく、年始から万全の仕上げで臨まなければいけない厩舎、余裕を持って春に向けての試しでの使用を許可されている陣営と大きく分かれるのが特徴。
そのために全力で勝ちに行く穴馬。多少流し気味に今後を見据える有力馬。この意識の別れめに高配当となるレースが生まれてきます。



※注意※
競馬新聞/競馬情報で入り乱れる「ブラフ」情報

・完璧な仕上がりでココ一番のデキ!
・素質は一級品、重賞制覇出来る器!
・前走は本調子ではなかった。ココを目標に仕上げた!

上記のように新年の初めに競馬界全体を盛り上げようとする情報に惑わされないようにしましょう。

■1/6()スポニチ賞京都金杯(G3)予想+他レース
【今週のスペシャルキャンペーン】を確認(目標獲得金額300万円)
⇒ 遠藤氏からの情報、無料登録はコチラ