2月11日(祝・日)に行われる京都記念2018の予想です。
京都記念2018予想
京都記念の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【京都記念】過去5年の傾向

☆道悪で行われた2015・2016年は父ノーザンダンサー系のサトノクラウンが連覇。
ヤヤ重だった2014年にも父ノーザンダンサー系(大系統)のアンコイルドが好走しており、道悪だと主流からズレた血統にもチャンスがありそうです。
※今年の出走馬では、ディアドラ・モズカッチャンが父ノーザンダンサー系(大系統)です。


☆道悪の年には、サドラーズウェルズトニービン(グレイソヴリン系)などスタミナ型の血統を持つ馬もよく走っています。


☆良馬場ではスピード寄りのレースになりやすく、ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)といった主流血統が中心になっています。
特にサンデーサイレンスミスプロ系をあわせ持つ馬がよく走っていますね。


ディープインパクト産駒は5年連続で馬券圏内に来ているように、良馬場も道悪も関係なさそうですが、それでも良馬場ではスピード型、道悪ではスタミナ型が優勢に感じます。


☆京都コースを得意にしている馬には要注目です。


★京都芝2200mの傾向
京都記念2018予想参考

☆4レースすべて父か母父がスタミナ型サンデーサイレンス系という馬が勝っています。
やはり中距離以上の重賞ということで、この血統が中心になっている感じです。


ダンチヒ系ヴァイスリージェント系も好調です。
どのレースでもどちらかの血統は馬券圏内に来ているので、京都記念でも要注意ですね。


ミスプロ系ではやはりキングマンボ系(ミスプロ系)が良さそうですね。



【京都記念・無料】万馬券を狙う!→≪3連単勝負≫を無料公開!
  ↓  ↓  ↓
シンクタンク:京都記念300_250



◎は父ディープスカイ(サンデーサイレンス系)×母父ブライアンズタイム(ロベルト系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
土曜日の雨で今年の京都記念はスタミナ寄りのレースになると予想。
そうなると、本命馬はスピード負けする心配がなくなり、菊花賞2着の実績と母父のブライアンズタイムが一気に心強い要素になりますね。


○レイデオロ。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
総合力が高く、弱点の少ないタイプ。
極端なスピードレースや、極端な瞬発力レースになった場合には取りこぼす不安もあるので、軽く雨が降ったことはこの馬にはプラスになりそう。
神戸新聞杯のように馬のリズムで流れに乗ればさらに不安は少なくなる。


▲クロコスミア。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
先行力はもちろん、雨の残る馬場のステイゴールド産駒というのも魅力。
スタミナ寄りになればなるほど本命馬有利も、意外にそうならなかった場合はこちら向きになりそう。


△アルアイン。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
母父がボールドルーラー系ということもあり、スピードの持続力に優れたタイプ。
菊花賞からの距離短縮はもちろん好材料。
ただ、京都はパワーを活かしにくいですし、雨が残ってそれが多少プラスになっても今度はスタミナ寄りになるということでプラスマイナスゼロ。
悪くはないがベスト条件でもないので、能力の高さでどこまで。


△モズカッチャン。
やはり京都のハービンジャー産駒(ダンチヒ系)には注意が必要。
先行力があること、母父がキングカメハメハということで、ディアドラよりもこちらを評価しました。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○レイデオロ
▲クロコスミア
△アルアイン
△モズカッチャン
買い目:◎○▲の単勝、◎と○から馬連・3連複


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第111回 京都記念(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征の前哨戦として重要な位置を持ち、一線級の参戦が多くなっていたが、
昨年から大阪杯がGIに昇格したことにより、春の古馬中距離路線を占うレースとして一層重要度が増すことになった。
今年もダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアイン、秋華賞馬ディアドラに、エリザベス女王杯を勝ったモズカッチャンと、
ハイレベルな4歳世代のGI馬が多数参戦を予定している。

では、馬券もそういった実績上位馬から買えばいいかといえば、
一概にそうとは言えないのが、このレースの落とし穴。
現在1番人気は6連敗中、連対したのも2012年のダークシャドウまで遡らねばならぬほど不振傾向にあるのだ。
しかも、マカヒキ、ハープスター、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイと、そうそうたるレベルの馬たちですから人気を裏切ってしまっている。
それは、実績上位馬にとってはあくまで“前哨戦”に過ぎないケースがほとんどということを意味している。

とはいえ、別定戦のG2である以上、条件上がりのポッと出の馬が通用するほど甘くはない。
つまり、買うべきは本気でココを勝ちに来ている実績馬。
今年も「強い馬が揃うことはもちろん知っているけど、そこまで力差はないはず。向こうが叩き台なら全然勝負になると思っている。今後を考えたらとにかく賞金を加算しておきたいしね
と、虎視眈々と一発を狙う馬がいるとの情報も掴んでいる。

そこで、今週は京都記念の【3連単勝負馬券】を特別無料公開。
当社シンクタンクがマークしている“人気の盲点”になる激走穴馬と共に、今年の京都記念は是非この情報を見てから馬券を買って頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第111回 京都記念(G2)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンク:京都記念300_250