11月24日(土)に行われる京都2歳ステークス2018の予想です。
京都2歳ステークス2018予想
京都2歳Sの出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【京都2歳S】過去5年の傾向

☆スタミナ的な持続力が重要なレースです。


ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が活躍。
2014年は1着3着、2015年は3着、2017年は1着2着でした。
2016年は馬券圏内に入ることは出来ませんでしたが、8番人気で4着に健闘しています。
ハーツクライ自身が持っているトニービン(グレイソヴリン系)の血統がスタミナ的な持続力に優れているので、それが効果的なのだと思われます。
※今年の出走馬ではスズカカナロアとペルソナデザインがハーツクライ(サンデーサイレンス系)の血統を持っています。


ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)などのスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)もよく走っています。


☆重賞になってからの4年は前走2000mのレースで連対していた馬が勝っています。
基本的には前走1800m以上のレースで連対していた馬が中心になっています。


☆スタミナ型血統が最重要ではありますが、ミスプロ系・パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)ボールドルーラー系などのスピードの持続力に優れた血統をあわせ持っているとさらに心強いですね。


★京都芝2000mの傾向
京都2歳ステークス2018予想参考

☆5回開催に入ってからはディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)vsハービンジャー産駒(ダンチヒ系)という様相になっています。
※京都2歳Sの出走馬ではワールドプレミアがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
ハービンジャー産駒は残念ながらいません。


ミスプロ系ではやはりキングマンボ(ミスプロ系)の系統が良いですね。
フォーティナイナー(ミスプロ系)の系統も母父としてよく走っています。
※京都2歳Sの出走馬で父か母父がキングマンボ系(ミスプロ系)なのはクラージュゲリエ・ショウリュウイクゾ・スズカカナロア・セイカヤマノ。


☆他ではマンハッタンカフェ産駒(サンデーサイレンス系)ハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統なども悪くなさそうですね。


先週のマイルチャンピオンシップは予告の10万円勝負で64万4000円の払い戻し!
先週は土日で2戦2勝となり、1週間で110万円獲得となりました。
今週のジャパンカップは昨年51万円獲得しており、今年のジャパンカップは10万円での勝負レースとなります。




◎はキングカメハメハ産駒(ミスプロ系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
スピードとスタミナのバランスが良いタイプ。
瞬間的な速さもあるので、能力的にはかなり高いものを持っているということ。
ただ、不器用なこととまだ若さが残っていることが不安材料。
今回少頭数なので不器用さからのロスは最小限に抑えることが出来るはず。
あとはしっかり加速して直線を向くことが出来てまっすぐ走れば突き抜けても不思議はないと思います。


○ミッキーブラック。
ブラックタイド産駒(サンデーサイレンス系)
福島、中山の中距離持続力レースを連勝。
血統的にもやはり持続力タイプだと思いますし、スピードとスタミナのバランスが良いと感じます。
少頭数で追走で苦労することはないと思いますが、仕掛けが遅くなると不向きの瞬発力レースに付き合ってしまうことになるので早め早めのレースをしたいですね。


▲ブレイキングドーン
ヴィクトワールピサ産駒(サンデーサイレンス系)
母系はスタミナ的な持続力優れた血統を重ねており、やはりこの馬もスピードとスタミナの持続力のバランスが高いレベルで取れています。
しかも新馬戦は瞬間的な速さも見せており、能力そのものが高い可能性も大。
2戦目に放馬除外となってしまい、今回が実質新馬戦以来の2戦目ということが不安点。


△ワールドプレミア
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
持続力はありますし、能力も高い。
ただ、新馬戦で反応が鈍かったことは不安で、内回りコースでそれが出ると前を捕らえることができないということになってしまうかも。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○ミッキーブラック
▲ブレイキングドーン
△ワールドプレミア
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


降格制度があるので馬券師は毎回必死!つまり本気の予想をしています。
先週もその実力を遺憾なく発揮!J.H.Aの実力を『ジャパンカップ(G1)』で無料で試すことができます!


J.H.Aとは

JAPAN
HORSEMAN
ALLSTARS

の略。

つまり、J.H.Aには日本最高クラスの馬券師たちが揃っているということ。

ほとんどの馬券師は、J.H.A代表がスカウトした精鋭揃い。

何よりもお客様にプラス収支をご提供する事を至上命題と考えておりますので、
経験より実力を重視して選ばれた馬券師たちとなっています。

J.H.Aの正式な馬券師に昇格するためには、
およそ二か月の試験期間内で、一定の成績を収める必要があります。

その試験をクリアした実力者だけが
今のJ.H.Aで予想を提供しているのです。

情報をご提供させて頂く以上、コースの得手不得手、調子の良し悪しは考慮できません。
昇格後も成績次第では、J.H.Aから除名するという
馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。


何はともあれ、論より証拠。
J.H.Aの実力を試していただきたく、
今週は『ジャパンカップ』の予想を無料で提供させていただきます。
 ↓  ↓  ↓  ↓
JHAジャパンカップ


今週の注目はなんといってもG1『ジャパンカップ』
外国馬も注目ですが、
最も注目されるのはアーモンドアイが古馬相手に通用するかどうか!?

J.H.Aの馬券師たちのジャッジには注目ですね。

J.H.AのGマイスター氏はエリザベス女王杯に続いて先週のマイルチャンピオンシップも見事に的中させています!
JHA11月11日

JHA11月18日

やはりGマイスター氏はG1で頼りになります。


『ジャパンカップ』
競馬ファンとしては、本当に楽しみなレース!

ただ、J.H.Aの馬券師達は降格制度があるので、どのレースも必死です。
ジャパンカップで結果を出せず降格してしまうと、
これからの有馬記念に向けてのG1シーズンで予想が出来なくなってしまいます。

もっとも盛り上がるG1シーズンに予想が出来ないというのは
馬券師達にとっては大きな痛手。

ただ、今残っているのは夏〜10月の競馬で好成績を残し、契約延長を勝ち取った馬券師達。

つまり、本当に実力のある馬券師達による本気の予想が見られるということです。


『ジャパンカップ』は最強馬決定戦という難解なレースですから、馬券師の予想力が問われるレース。
つまりここを当てることが、これからのG1にもつながるというわけです。
馬券師たちのこのレースへの本気度、そして意気込みは。。。わかりますよね!?
⇒こちらからJHAの本気の予想を体験してください。