2回新潟第1週ダートレパードステークス2017が行われる新潟ダートコースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
新潟ダートコースの傾向を分析することでレパードSの注目馬を探します。
☆レパードステークスが行われる1800mでは逃げ馬が4戦すべてで連対しています。

☆1800mではルーラーシップ産駒(ミスプロ系)が1勝2着1回。
キングマンボ系(ミスプロ系)は良さそうですね。

ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)ステイゴールド(サンデーサイレンス系)ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)など、スタミナ型サンデーサイレンス系がよく走っています。

ボールドルーラー系も悪くなさそうです。



□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第9回 レパードS(G3)

   先着100名様限定!
万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開
    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回が第9回と、まだ創設から日が浅い重賞だが、トランセンド、ホッコータルマエなど、日本ダート界を代表する名馬たちを輩出。今年の帝王賞を制したケイティブレイブも昨年の2着馬で、この先のダート界を占う上でも重要なレースだ。

しかも、今年はUAEダービーでハナ差2着と、世界レベルでの活躍を見せているエピカリスがこのレースに参戦予定。一番人気となることが濃厚で、新聞の印も◎がズラリと並ぶことは想像に難くないが、エピカリスはベルモントステークスを出走目前で回避したように一頓挫明け、まして海外遠征帰りのハンデがある。全く死角がないとはいえ、新聞の印や建前コメントを鵜呑みにするのは、いささか危険と言わざるを得ない。さらに、この厩舎と言えば……(ココからはオフレコ)

そんな中、当社は「どんな馬が来ようとも関係ない。勝ち負けになる!」と豪語する陣営の存在をキャッチ。某関係者によると「元々、強気な人だけど、エピカリスがいるのはわかっているはず。それであんだけ吹くんだから、相当自信があるんだろう」とのことだ。この馬がアタマを取るようなら、馬券的な妙味は跳ね上がることになるだろう。

そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用の方に限り、【重賞特捜部】が入手したレパードSの各陣営の情報や、万馬券を狙い撃てる【3連単勝負馬券】を特別に無料公開。競馬界の裏側、真の情報の面白さを実感して頂くにも、ぜひ当社シンクタンクの情報をご利用頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第9回 レパードS(G3)

   先着100名様限定!
万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
     を特別無料公開
    →ココをクリック!

シンクタンクレパード