12月24日(月)に行われる名古屋グランプリ2018の予想です。
名古屋グランプリ2018予想
名古屋グランプリの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
【名古屋グランプリ2018】出走表はこちらです。

★名古屋グランプリの過去3年の傾向

☆スタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬に注目したいですね。
2015・2016年の勝ち馬アムールブリエは母母父がサドラーズウェルズでした。


ミスプロ系サンデーサイレンス系といったスピードのある血統は必要ですが、やはり2500mということもありそれにプラスしてスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナ型ナスルーラ系(大系統)などのスタミナに優れた血統を持っている方が良さそうです。


先週の有馬記念は予告通りの倍額勝負で9番人気のシヴァルグランのワイド1点指示で41万円の払い戻し!
先週は土曜日には34万馬券的となり中、1週間で約180万円獲得となりました。
今週は倍額勝負のホープフルステークスと倍額勝負レースの提供週となります。



◎は父キングカメハメハ(ミスプロ系)×母父ホワイトマズル(リファール系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
父ミスプロ系は毎年人気以上の好走馬が出ている血統。
母父はこのレースのポイントになるスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)と、良いバランスだと思います。
JBCクラシックはスピード色の強い京都で適性はいまいちでしたし、前走のチャンピオンズCは位置取りが後ろ過ぎた。
行きっぷりが悪くなっている可能性もありますが、このコースで少頭数なら置かれる不安は少なく流れの中でしぶとさを発揮するこの馬の持ち味を出しやすいと思います。


○グリム
ゼンノロブロイ産駒(サンデーサイレンス系)
このメンバーなら無理なく逃げることが出来そうですし、武豊騎手とは好相性だと思います。


▲ミツバ
カネヒキリ産駒(サンデーサイレンス系)
チャンピオンズCは8着でしたが、外を回るロスがあってもしぶとく最後まで走れていたことは評価したいですね。
少頭数で焦らずに行けるでしょうし、末脚を活かしやすい条件かもしれません。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○グリム
▲ミツバ
△カツゲキキトキト
△チュウワウィザード
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複

血統フェスティバルの南関競馬の勝負レース予想は『競馬最強の法則WEB』で配信しております。

競馬最強の法則WEB