中山金杯2018予想参考
中山金杯2018が行われる中山芝2000mの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
中山芝2000mの傾向を分析することで中山金杯の注目馬を探します。
ハービンジャー産駒(ダンチヒ系)などダンチヒ系が好調です。
中山金杯の登録馬では、マイネルミラノの母父がダンチヒ系です。


ロベルト系も好調で、ホープフルSは母父ブライアンズタイム(ロベルト系)のタイムフライヤーが勝ちました。
中山金杯の登録馬では、ショウナンマルシェ・セダブリランテス・パリカラノテガミが母父ロベルト系です。


サンデーサイレンス系ではハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が2勝3着3回。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)は勝ち切れていませんが2着3着は多く、悪くないですね。
中山金杯の登録馬では、ウインブライト・マイネルミラノ・レアリスタがステイゴールド産駒です。


PR【無料予想4週連続的中へ更新!】

2018年最初の重賞を当てることは、今年の競馬運を占うもの。
なんて考えている方は多いと思います。
無料予想が4週連続、つまり昨年12月毎週的中しているという事です。
普通に考えてすごいことです。
このサイトから金杯の情報が提供されることが決まりましたので、ほしい方は無料登録してみてください。
⇒ コチラ


参考に、予想公開画面と的中PATはコチラです。

【中山12R 510,600円勝ち】


【30万超えの重賞的中実績】


3連単は12点〜36点。
2018年は的中からスタートしよう。
⇒ 予想はコチラ