中山金杯2018出走予定馬1月6日(土)に行われる中山金杯2018のプレ予想後編です。
レアリスタなどについて書いています。
トーセンマタコイヤ
ディープインパクト産駒
東京では上手く運んで勝ったが、
タフなコースでパフォーマンスを上げてくるタイプだとは感じない。
好走するためにはペースや展開の助けや、
工夫が必要か。


パリカラノテガミ
ジャングルポケット産駒
このコースは上がりが38.7もかかった常総Sを勝っているが、
重賞だとああいうレースは望めない。


フェルメッツァ
ディープインパクト産駒
中日新聞杯は直線進路がなくまったく力を出せず。
前目からのスピードはここに入ると強調できないし、
脚を溜めても中山金杯ではハマりにくい。


ブラックバゴ
バゴ産駒
母父がステイゴールドというのは魅力も、
やはり父の影響でスタミナレースの方が良く、
中山金杯ではスピード負けする可能性の方が高い。
印を打つかどうか。


マイネルミラノ
ステイゴールド産駒で適性はあるとは思うのだが、
近走は不振期。
この血統で不振の馬は手が出しにくい。


レアリスタ
ステイゴールド産駒だが
勝利はすべて東京でのもの。
小回りコースだと前半から急かされて
落ち着いてレースが出来ないのかもしれない。
かといって後方から勝負できるほど抜けた能力は?
印を打つかどうか。

中山金杯の血統からの注目馬は、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  中山金杯・京都金杯(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
なんでこんな人気のない馬から買えるんですか

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『中山金杯・京都金杯(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・東西金杯

━━━━━━━━━━━━━━━

暴露王:金杯490_160