2月24日(日)に行われる中山記念2019の予想です。
中山記念2019予想
中山記念の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【中山記念】過去5年の傾向

☆基本的にはスピードの持続力が要求されやすいレースです。


☆中山なのでパワーのある血統も重要です。


父ノーザンダンサー系(大系統)がよく好走しています。
特に先行力のあるタイプが良いですね。
※今年の出走馬ではシベリアンスパーブ・ディアドラ・ハッピーグリン・マイネルサージュ・マルターズアポジーが父ノーザンダンサー系(大系統)です。


☆パワーとスピードがあるキングマンボ(ミスプロ系)ボールドルーラー系もよく走っています。


☆これらの血統とサンデーサイレンスの血統をあわせ持つ馬が中心になっています。


グレイソヴリン系の血統を持つ馬がよく勝っている点にも注目したいですね。


★中山芝コースの傾向
中山記念2019予想参考中山芝コース

☆中山記念が行われる1800mは2レースともディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が勝っています。


☆全体的にディープインパクト(サンデーサイレンス系)関連の血統が好調です。


こちらの記事もオススメ
ツイッターではブログの更新情報や開催当日の狙い馬などを配信。
LINEでもブログの更新通知を受け取ることが出来ます。



先週のフェブラリーSはSランク指定レースとして馬連1点指示で43万円獲得となりました。
今週は3〜5万円勝負のAランクレース2鞍、穴のCランクレース2鞍提供週となります。
割り引きキーワード「1243」と記載したメールを送っていただいた方には情報料金から1万円引きの価格で登録させていただきます。




◎はハービンジャー産駒(サンデーサイレンス系)のこの馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
中山記念は父ノーザンダンサー系(大系統)が毎年のように好走しているレース。
瞬発力よりも持続力が重要になりやすいレースということで、この系統にもチャンスがあるのだと思います。
本命馬は近走末脚寄りのレース運びとなっていて東京でも32秒台の上がりを使っているのですが、血統的には持続力が要求されるレースの中での末脚の方がさらに有効なタイプですし、中山1800mは良い舞台だと思います。


○スワーヴリチャード
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
荒削りな面はまだあるものの、余程のことがなければ崩れることもほとんどないタイプ。
末脚のスピード・スタミナ・パワー・持続力が高いレベルにあり、やはり有力な1頭です。


▲ステルヴィオ
ロードカナロア産駒(ミスプロ系)
昨年同じコースのスプリングSを勝っています。
じっくり進めると思うので馬群が縦長になって後半焦って追い上げるような展開になると厳しいでしょうが、淡々と流れてじっくり脚を溜めることが出来ればここでもズバッと差し切る可能性は十分にあると思います。


△エポカドーロ
オルフェーヴル産駒(サンデーサイレンス系)
神戸新聞杯は出遅れ、菊花賞はスローのキレ味勝負と秋2戦は持ち味を出なかった。
中山の中距離なら適性面からの後押しがある。
昨年のスプリングSでステルヴィオに差し切られたのは仕掛けが遅かったことも関係していると思うので、その点を上手くやれるかどうかがポイント。


△ウインブライト
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
昨年の勝ち馬で適性はもちろん高い。
ただ、その昨年は展開的に他の馬たちが自滅したこともありましたし、レース後半のスピード勝負になるとこのメンバーでは少し厳しくなるでしょうから、5番手評価までとしました。


△ハッピーグリン
ローエングリン産駒(サドラーズウェルズ系)
ローエングリンが中山記念の勝ち馬ですし、産駒のロゴタイプも好走しているレース。
今のところ血統と脚質にギャップがあるのでそこを埋めることが出来ればもうワンランク上の走りができる可能性も秘めている馬だと思います。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○スワーヴリチャード
▲ステルヴィオ
△エポカドーロ
△ウインブライト
△ハッピーグリン
買い目:◎○▲の単勝、◎と○からワイド
◎から3連単マルチ、○から3連複


J.H.Aは降格制度があるので馬券師は毎回必死!つまり本気の予想をしています。
今週末の『中山記念(G2)』でJ.H.Aの実力を無料で試すことができます!


J.H.Aとは

JAPAN
HORSEMAN
ALLSTARS

の略。

つまり、J.H.Aには日本最高クラスの馬券師たちが揃っているということ。

J.H.Aの馬券師のほとんどは
J.H.A代表がスカウトした精鋭揃い。

何よりもお客様にプラス収支をご提供する事を至上命題と考えておりますので、
今現在の実力を重視して選ばれた馬券師たちとなっています。

J.H.Aの正式な馬券師に昇格するためには、
およそ二か月の試験期間内で、一定の成績を収める必要があります。

その試験をクリアした実力者だけが
今のJ.H.Aで予想を提供しているのです。

昇格後も成績次第では、J.H.Aから除名するという
馬券師にとっては毎週、毎レースが試験の真剣勝負となっています。

今週はトップクラスの実力馬が揃った『中山記念』
こちらからJHAの本気の予想を体験してください。
  ↓  ↓  ↓  ↓
JHA中山記念
メールアドレスを入力するだけで無料登録することが出来ます。


J.H.Aの馬券師たちが『中山記念』でどういった予想をするのか注目ですが
精鋭揃いの馬券師達の中でも先週もっとも存在感を放っていたのが
重鎮『三浦氏』
JHA2月17日的中
2レースで200万円以上の払い戻しは圧巻の一言ですね。

J.H.Aには他にも『柳井氏』や、重賞レースの神『Gマイスター氏』といった実力のある馬券師が揃っています。

ここで注目してもらいたいのは
先週高額払い戻しをした三浦氏、柳井氏ともに
3連単なのに買い目がとても少ないということ!

ここまで買い目を絞れるということは実力と自信があるからですし、
参考にする方も助かりますよね!


つまりJ.H.Aには本物の馬券師が揃っているということです。

中山記念は
競馬ファンとしては本当に楽しみなレース!
素晴らしいレースになることでしょう。

ただ、J.H.Aの馬券師達は降格制度があるので、どのレースも必死で真剣勝負です。
今回の指定レース『中山記念』で結果を出せなければ
降格のピンチになってしまいます。

春のG1シーズンが控える今降格になってしまったら
馬券師達にとっては大きな痛手ですから、
必ず当てようと本気の予想をしてくるのです。

しかも今残っているのは昨年10月〜12月のG1シーズンで好成績を残し、契約延長を勝ち取った馬券師達。

つまり、本当に実力のある馬券師達による本気の予想が見られるということです。


『中山記念』は実力馬が揃ったレースですが、過去には53万馬券も飛び出している馬券妙味もあるレース。
このレースを当てることが馬券師自身の実力を証明することになるのです!
馬券師たちのこのレースへの本気度、そして意気込みは。。。わかりますよね!?
⇒こちらからJHAの本気の予想を体験してください。
JHA中山記念