桜花賞2017予想参考桜花賞2017が行われる阪神芝1600mの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
阪神芝1600mの傾向を分析することで桜花賞の注目馬を探します。
桜花賞のオススメ記事
⇒桜花賞2017の出走予定馬と血統データはこちら(4月3日更新)
⇒桜花賞2017のプレ予想 アドマイヤミヤビ編はこちら(4月4日更新)
⇒桜花賞2017のプレ予想 ソウルスターリング編はこちら(4月5日更新)
⇒桜花賞2017の予想はこちら(4月8日更新)

☆重賞レースのアーリントンCとチューリップ賞は、どちらも父ノーザンダンサー系(大系統)が勝っています。
母父としてもノーザンダンサー系(大系統)は多めになっていますね。

☆もちろん中心はサンデーサイレンス系なのですが、
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)はまだ1勝。
2回開催に入って、サンデーサイレンス系の中ではスタミナ型の方が優勢になっている印象です。

☆スタミナ型ナスルーラ系(大系統)にも注意したいですね。


シンクタンク桜花賞

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第77回 桜花賞(GI)

  ソウルスターリングの1強?
  桜花賞の【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開
ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の2歳女王・ソウルスターリングが、復帰戦のチューリップ賞も危なげなく勝利し盤石のスタート。ファンディーナが皐月賞に進むことを選択したたため、残念ながら無敗対決は実現せずで、戦前の評判は“1強”ムードが日増しに高まっている。

しかし、この状況は昨年の桜花賞と似ている。昨年の2歳女王であるメジャーエンブレムもクイーンCを完勝し本番に臨むと、単勝1.5倍と圧倒的な支持を集めるに至った。しかし、結果は4着と人気を裏切る形となり、多くの競馬ファンが頭を抱える結果となった。

また、このレースは、15年ルージュバック、16年メジャーエンブレムと、2年連続で1倍台の関東馬が馬券圏外に沈んでいるのも注意しなくてはならない点。この時期の3歳牝馬はまだまだ未完成で不安定な時期であり、輸送やフケなどといったわずかな要素で、大きくパフォーマンスが変わることがある。今年、1番人気に支持されることが濃厚なソウルスターリングも上記2頭と同様に美浦の藤沢和雄厩舎所属の関東馬であり、直前まで各馬の情報を収集することが、一層重要になっていくことは間違いない。

そんな桜花賞だが、当社シンクタンクは、昨年も勝ち馬ジュエラーを本命に指名し、3連単2万0330円の万馬券を含む完全的中をお伝えしている。無論、確信の勝負情報を掴んでいたからこそ、世間的には圧倒的な支持を集めていたメジャーエンブレムではなく、3番人気のジュエラーに迷わず◎を打つことができたのだ。

果たして今年の桜花賞はソウルスターリングの“1強”なのか。元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などから構成される情報ルートを擁する当社シンクタンクにはもう結論はホボ出ている。一言で言えるのは「万馬券決着が狙える」ということだ。

そこで、今週は初めて当社シンクタンクの情報を利用する方に限り、桜花賞の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。昨年も情報通りの万馬券的中をお届けした3連単情報を無料で入手することが可能なまたとない機会。桜花賞の馬券を買うのであれば、コレは見ておくべきだ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−

無料公開情報から3日連続万馬券的中!
これがシンクタンクの実力だ!

3月20日(月)中山3R
◎メリークン(1番人気)
穴ウェルカムキッス(14番人気)
3連単7万6910円的中

3月19日(日)阪神12R
◎ソーディヴァイン(3番人気)
穴キングライオン(9番人気)
馬単 1万1580円的中
3連複1万5590円的中

3月18日(土)中京2R
◎クリデュクール(2番人気)
穴ルーラーキング(8番人気)
3連複1万8200円的中

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第77回 桜花賞(GI)

  ソウルスターリングの1強?
  桜花賞の【3連単勝負馬券】を
     特別無料公開
ココをクリック!