桜花賞2017予想4月9日(日)に行われる桜花賞2017の予想です。
桜花賞の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
【桜花賞】過去5年の傾向(出馬表から):☆ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)はここ2年は勝利を逃しているものの、それまでは4連勝していましたし、今でも6年連続連対中と、やはり最注目の血統です。

ディープインパクト産駒はもちろん、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系(大系統)という配合や、キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)など、王道感のある血統が良いですね。

☆2015年は超スローペースになりデータなどが通用しない年でもありましたが、基本的には前走で好走しているか上がり上位の脚を使っている馬が中心になります。


阪神芝1600mの傾向(表):☆土曜日はディープインパクト(サンデーサイレンス系)の系統がよく走っていました。

☆重賞レースのアーリントンCとチューリップ賞は、どちらも父ノーザンダンサー系(大系統)が勝っています。
母父としてもノーザンダンサー系(大系統)は多めになっています。


2013年桜花賞14番人気3着プリンセスジャックのような穴馬を獲る方法とは!?
  ↓  ↓  ↓  ↓
PREMIUM


◎はソウルスターリング。
桜花賞はディープインパクト産駒キングカメハメハ産駒といった日本の王道血統が強いレースですが、今年の桜花賞は珍しく雨の影響を受けそうで、そうなるとこれまで活躍できなかった血統にもチャンスが出てくるのではないでしょうか。
父のFrankel(サドラーズウェルズ系)はイギリスで産まれ14戦14勝(1400〜2100m)という戦績を残した怪物。
その産駒なので当然能力は高いのですが、不安があるとすればやはりキレ味勝負。
ここまでは能力の高さで速い脚を使っていますが、クラシックになり強いサンデーサイレンス系とまともにキレ味勝負をしてしまうと分が悪くなることもあるかもしれません。
能力の高さはもちろん、レースの幅も広いので、それでも崩れることはないタイプだとは思いますが、雨の影響でキレ味勝負にならない可能性が少しでも高くなったのは好材料だと思います。
また、近年の桜花賞勝ち馬の父は、現役時代の3歳春にG1を勝っている馬たちとなっていて、これは完成度の高さやこの時期の成長力が重要だということを意味していると思うのですが、Frankelは牡馬クラシックの初戦2000ギニーを勝っており、その点もクリア。

○アドマイヤミヤビ。
父ハーツクライ(サンデーサイレンス系)×ノーザンダンサー系(大系統)という、王道といっても良い配合。
過去4戦全て上がり上位の脚を使っていますし、実際の走りのレベルも高い。
気になるのは、父の父ハーツクライが現役時代の3歳春にG1を勝っていない点。
同産駒のワンアンドオンリー・ヌーヴォレコルトも、クラシックの初戦では惜しくも敗れて2戦目の日本ダービー・オークスを勝っていますし、ハーツクライ自身も日本ダービーで2着とパフォーマンスを上げてきたように、ここでも良い走りはすると思いますが、本番は次なのかもしれません。

▲ミスパンテール。
父ダイワメジャー(サンデーサイレンス系)×母父シンボリクリスエス(ロベルト系)という血統でパワーはあるので、その方面から雨への不安は少ないと思います。
ダイワメジャー産駒で後ろからいく脚質というのはマイナスですが、デビュー2戦目、しかも7ヶ月ぶりのチューリップ賞で2着に来たことから高い能力を持っていると考えられます。
すぐ内のソウルスターリング・アドマイヤミヤビを目標にすることの出来る良い枠ですし、レースはしやすいと思います。

△レーヌミノル。
こちらは先行力のあるダイワメジャー産駒
普通の馬場であればキレ負けする血統ですし、上がりの脚が重要な桜花賞では先行力はアドバンテージにはなりにくいですが、例外的な超スローペースになった2015年はレッツゴードンキが逃げ切りましたし、今年は馬場状態も例年とはズレたものになりそうで、それならこういうタイプにもチャンスが生まれる可能性はあると思います。

△アエロリット。
クロフネ産駒(ヴァイスリージェント系)
瞬発力ではなく総合力で勝負するタイプ。
それでも東京のクイーンCでアドマイヤミヤビに0.1差は立派ですし、瞬発力よりも総合力が要求される馬場・流れになればさらに良い走りが出来るのではないでしょうか。


【予想印】
◎ソウルスターリング
○アドマイヤミヤビ
▲ミスパンテール
△レーヌミノル・アエロリット
買い目:◎の単勝と複勝、◎からワイド・馬連・3連複


桜花賞で穴馬を的中できる秘密とは・・


みなさんに一つ確認したい事がございます。

何でこんな馬が来るんだ?って思う事ありませんか?


ありますよね。


例えば桜花賞で言えば
2013年のプリンセスジャック(14番人気3着)
2010年のエーシンリターンズ(11番人気3着)
など。


ただ、この2頭にしても他に大穴を開ける馬にしても、

穴馬を本命にする側から言えば「何でこんなにオッズが付くの?」

と思っているはずです。


そういう人ってやっぱり情報源が違うんですよね。


普通の人って東スポなどのスポーツ新聞とかを
使って予想するじゃないですか。


穴馬を当てる人って違うんです。


独自の情報源を持っているんです。


だから人気のない馬を躊躇なく買えるんです。


そんな、穴馬をバシバシ当てまくっているサイトが
コチラなんです。
http://www.premium-h.jp/


先週で言うと

・2日中山11R 船橋市市制施行80周年記念
アルティマブラッド(6番人気1着)レーヴムーン(4番人気2着)

などを拾っています。

しかも買い目が20点前後で。

20点前後って、例えば1着を固定した場合、2着3着を5頭ずつしか買えないんです。


1着を固定する事自体にかなりリスクがあるのに、その上で2着3着に
9番人気を入れるってなかなか難しいと思うんです。


それをやってのけるんですから強力な独自情報源がある事は間違いありません。


「なんでこんな馬が来るんだ?」は今日で卒業して

「なんでこの馬が人気ないんだ?」に変えていきませんか?


まずは渾身の無料予想が公開されているので
桜花賞の今日、試してみませんか?


詳細はコチラ
http://www.premium-h.jp/
  ↓  ↓  ↓  ↓
PREMIUM