11月11日(日)に行われるエリザベス女王杯2018のプレ予想です。
エリザベス女王杯2018出走予定馬
ノームコアなどについて書いています。
カンタービレ
ディープインパクト産駒
前走の秋華賞は後ろからの競馬になってしまったがこれでも好走出来たことは収穫。
これからは前後ろどこからでも対応出来る。
△候補。



クロコスミア
ステイゴールド産駒
昨年の2着馬。
ペースや展開に恵まれたことは確かだし、
充実度も昨年と比べると・・・・・・



コルコバード
ステイゴールド産駒
スタミナ的な持続力に優れたタイプで。
今の京都のタフな傾向の馬場には合っているタイプ。
道悪も良い。
△候補。



先週は予告の10万円開始のコロガシ勝負で54万9000円獲得!
今週エリザベス女王杯週となりますが、確勝級の情報馬が出走となるため、先週同様に今週も10万円開始のコロガシ勝負週となります。




スマートレイアー
ディープインパクト産駒
スタミナ的な持続力に優れているし、
今の京都なら差しに回れば悪くないはず。
タフな競馬の2015年エリザベス女王杯であれだけやれたのなら。
△候補



ノームコア
ハービンジャー産駒
前走の紫苑Sは非の打ち所がない内容。
軽い馬場よりはタフな馬場の方が良いタイプなので
今年の京都は良いはず。
重い印候補。



フロンテアクイーン
メイショウサムソン産駒
堅実だし、力もつけている。
今の京都ならスピード負けの不安も少ない。
ただ、距離が意外に影響するかも。
印を打つかどうか。

エリザベス女王杯の血統からの注目馬は⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。


□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第43回 エリザベス女王杯(GI)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬牝馬の大半にとっては秋の大目標であり、3歳牝馬にとっては一線級の古馬と初めて激突する舞台。古馬からは連覇を狙うモズカッチャンを筆頭に、リスグラシュー、ミスパンテールといった重賞馬たちが参戦。今年の3歳牝馬はアーモンドアイが3冠を達成したため、GI馬の参戦はなく、カンタービレ、ノームコアの2頭のみの登録となったが、いずれも粒ぞろいのメンバーと言える。

初顔合わせとなれば、世間一般の人達は能力比較に頭を悩ますことになる。そこに年齢による斤量差、馬の状態、騎手、厩舎、馬主といった関係者の思惑が重なり、まさに難解と言うべき1戦となる。事実、1番人気は6連敗中で、去年は9番人気クロコスミアが、一昨年は12番人気シングウィズジョイが馬券に絡むなど、穴馬の活躍も目立っているのだ。

そんな「混戦」「穴ムード」が漂う時こそ、本領を発揮するのが我々シンクタンクの情報網だ。競馬界の大物OBを筆頭に、騎手、厩舎、馬主、生産者とあらゆる関係者筋の情報ルート達が在籍しているからこそ、どの陣営が“買い”なのか的確にジャッジすることが可能。秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)でも情報通りに的中をお届けしているように、エリザベス女王杯でも、虎視眈々と一発を狙う穴情報馬の存在をキャッチしている。

今回はシンクタンクの情報力を知ってもらうべく、当社を初めてご利用頂く方に限り、エリザベス女王杯の【3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。その他にも、馬券に役立つ情報も公開するの

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第43回 エリザベス女王杯(GI)

     万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンク:エ女王杯300_250