2月11日(土)に行われる洛陽ステークス2017の予想です。
洛陽ステークス2017予想
洛陽Sの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
洛陽Sの過去3年の傾向(表):☆ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は2年連続で好走中です。
トニービン(グレイソヴリン系)やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)といった持続力のある血統を持つ馬が活躍していますね。

京都芝1600m外回りコースの傾向(表):☆キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)と、スペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)の系統が2勝しています。
☆父・母父ともにダンチヒ系がよく走っていますね。


新・指数が競馬の常識を変える!今週は3重賞の予想を公開!
    ↓  ↓  ↓  ↓



◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)のラングレー。
昨年の勝ち馬。
京都では3回走って2勝3着1回と、かなりの好相性。
3回しか走っていないというのは意外でしたが、あまり瞬発力があるタイプではないので、持続力を活かすことのできる京都は合っているのだと思います。

○グァンチャーレ。
京都の1600mは2戦2勝。
前走はスタート後に位置を下げてしまい、いつもよりも後ろからの競馬になってしまったのも痛かった。

▲シェルビー。
母父の母父が洛陽Sの好走血統トニービン(グレイソヴリン系)
久しぶりの京都になりますが、重賞以外は全て馬券圏内と得意にしていたので期待できそう。

△ケントオー。
昨年の3着馬。
前走同じコースの京都金杯でもそれほど負けていませんでしたし、このクラスならチャンスのあるコースだと思います。

【予想印】
◎ラングレー
○グァンチャーレ
▲シェルビー
△ケントオー


PR【これはやばい!】1分で72レースの予想がわかる!

毎週末、東京・京都・小倉の3会場でレースが開催されています。
各日各競馬場で12レースずつ、土日合わせて72回ものレースが開催されます。

今週であれば、
11日 東京競馬場 クイーンC(G3)
12日 東京競馬場 共同通信盃(G3)
12日 京都競馬場 京都記念(G2)
の3レースが注目を浴びていますが、3レース分予想するにもかなりの時間がかかります。

他のレースも当てて、高配当ゲットしたい!
そんなことを考えたのは僕だけでしょうか?

しかし!各日各競馬場で12レースずつ、土日合わせて72回ものレースを、
「たった1分」で予想がすべて見れる方法があります!

その方法とは、「うまコラボ」というサイトで公開している「新競馬指数」です。
全レース、今なら毎週72レース分の情報は1ヶ月1,980円しかかかりません!
しかし!今なら数レース分、無料で試せます!
これはやばい!

まずは今週、無料予想でお試しを!!
▼こちらから!▼
http://collabo-n.com/
2017年2月5日 <無料会員予想> 東京11R 東京新聞杯(G3)


2017年2月4日 <無料会員予想>



無料予想の実力がわかったところで、1ヶ月1980円を払ったらどうなるのか!

無料と違うところは、
■1分で全レースの予想がわかる!
■1分で72レース中、どのレースが最も当たりやすく、どの馬が鉄板の軸馬か即判断可能!
■スピード指数や過去データ・血統など様々な要素から推奨馬を選定してくれるので、
オッズに左右されない予想ができる!=稀にどでかい穴馬が当たる!!
そして、
■点数を絞った、究極の「買い目を提供」してくれる!
さらに、買い目の提供では、馬場状態や天候などの要素も盛り込んだ精度の高さを証明してくれる!

これ、やばくないですか!?

1980円だけしかかからないんっだったら、まず1ヶ月試してやる!という方は、
今週末から、東京・京都・小倉の3会場の全レース72レース分、情報取り放題の当て放題!
▼こちらから!▼
http://collabo-n.com/
2017年1月29日 <有料会員予想>