2月10日(土)に行われる洛陽ステークス2018の予想です。
洛陽ステークス2018予想
洛陽Sの過去3年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
★洛陽Sの過去3年の傾向
洛陽ステークス2018過去3年

トニービン(グレイソヴリン系)やスタミナ型ノーザンダンサー系(大系統)といった持続力のある血統を持つ馬がよく走っています。


☆道悪で行われた昨年はロベルトの血統を持つ馬が1着2着でした。
昨年の勝ち馬ダッシングブレイズは父の母父がロベルト系です。


★京都芝1600m外回りコースの傾向
洛陽ステークス2018予想参考

☆先週のレースではディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が1〜3着を占めました。


ヴァイスリージェント系ダンチヒ系など、スピードのあるノーザンダンサー系(大系統)も好調です。


ミスプロ系も良いですね。
なかでもキングマンボ系(ミスプロ系)フォーティナイナー系(ミスプロ系)Gone West系(ミスプロ系)の活躍が目立っています。




OASISが『洛陽S』予想を無料提供。無料情報でも手抜きはしません!
 ↓ ↓ ↓
OASIS



◎は父ディープインパクト(サンデーサイレンス系)×母父ヴァイスリージェント系の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
ディープインパクト産駒は先週このコースのレースで1〜3着を独占。
本命馬は母父がヴァイスリージェント系なので、雨が降っても不安はなく、むしろプラスになる可能性が高いタイプ。
能力も高いので、もちろん良馬場でも問題はなし。


○サトノアーサー。
こちらもディープインパクト産駒
雨は歓迎できないタイプですが、能力は最上位。
少頭数の方が力を発揮しやすいタイプなので、馬場さえもってくれれば久々の勝利も期待できる。


▲ムーンクエイク。
アドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)
同じコースで京都金杯をブラックムーンが勝ったように、同産駒のコース成績は抜群。
この馬はある程度前に行けるという点にも可能性を感じますね。


△ダイワリベラル。
母父のトニービン(グレイソヴリン系)が洛陽Sの注目血統。
流れに乗ってダラダラと脚を使うようなレースが出来れば面白いと思います。


△グァンチャーレ。
昨年2着。
京都のマイルは、実力は高いがそこまで決め手やパワーがあるわけでもないこの馬にとって、ベストの舞台だと思います。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○サトノアーサー
▲ムーンクエイク
△ダイワリベラル
△グァンチャーレ
買い目:◎○▲の単勝、馬連・3連複ボックス


OASISが選ばれる理由

1.競馬業界の中枢との太いパイプライン
過去に競馬業界の中心で活躍したN氏を筆頭に、競馬業界の中枢との太い繋がりがあります。
現在の競馬業界にも「N氏に競馬のいろはを教わった」という人物も少なくありません。

2.確かな的中実績と「勝ち」へのこだわり
弊社が誇る『最強馬券師軍団』は、回収率330%以上の実績にも満足致しません。
不的中時のみ購入されたお客様の事も考え敗因を徹底的に分析し、より高みを目指します。

3.お客様の目線に立ったソリューションのご提供
お客様のご要望に合った様々なソリューションをご用意しております。
利益率重視型・確実性重視型など、今あるお客様の状況に応じて、最適なソリューションをご提案致します。

4.確固たる経営理念とお客様ファースト
お客様を第一に考えたサービスが、最終的には弊社にも成功をもたらすという考え方です。
今までのOASISの歩みが、それを実証しています。


今週は『洛陽ステークス』の予想を無料提供させていただきます。
OASISへの無料登録はこちらから。無料情報でも手抜きはしません!
 ↓ ↓ ↓
OASIS