さきたま杯2017予想5月31日(水)に行われるさきたま杯2017の予想です。
さきたま杯の過去3年の1〜3着馬の血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめています。
【さきたま杯2017】出走表はこちらです。

さきたま杯の傾向(表):☆ロベルト系ロージズインメイ産駒(ヘイロー系)など、パワー型ターントゥ系(大系統)が中心となっています。


『さきたま杯』でこのサイトをオススメするには、ちゃんと理由がある。
   ↓    ↓    ↓    ↓ 
クロニクル


「競馬最強の法則」プロデュース、最強競馬ブログランキングで公開中です。
母父がパワー型ターントゥ系(大系統)フジキセキ(サンデーサイレンス系)
ある程度の位置を取りながらも溜めが利く馬なので、レースの傾向に合っていると思います。

○ベストウォーリア。
父ボールドルーラー系で持続力のある馬。
そのためこの馬のリズムやワンペースで走らせることが出来れば強いが、後手に回るときつくなる。
前走ではその悪いところが出てしまった。
1400mなら後手に回る可能性は少なくなるはず。

▲モーニン。
ヘニーヒューズ産駒(ストームバード系)なので1400mは安心。
スピードを存分に発揮できるはず。

△ドリームバレンチノ。
ロージズインメイ産駒(ヘイロー系)で昨年3着に好走。
前が止まる展開になればチャンスあり。

△ラブバレット。
母父バブルガムフェロー(サンデーサイレンス系)
道中のスピードはここでも通用するので、こちらも展開次第で好走のチャンスは出てくる。


【予想印】
「競馬最強の法則」プロデュース、最強競馬ブログランキングで公開中です。
○ベストウォーリア
▲モーニン
△ドリームバレンチノ・ラブバレット


『さきたま杯』『クロニクル』をオススメする理由


それは
いつも、南関競馬をやっているから。

交流重賞の時だけ南関競馬に手を出すサイトではありません。

いつも南関競馬をやっているからこそ
実力が違います。

『クロニクル』では10万3000回に及ぶ
データの演算を繰り返し、条件ごとの基盤を確立したらしい・・・。
10万回ってすごいですね^^;

僕もユーザーの声を見て、みんなたくさん儲かったって言ってるし、
本当にそんなに当たるのかな?と思って半信半疑な気持ちで初めてみました。

だけどこれがほんと当たるんですよね!

ユーザーの声の人たちもほんの一握りのたまたま当たった人だと思っていたけど
そんなことはなかったです。
的中率が半端じゃないのでやればやるほど儲かるという具合。


基盤となるデータと、新鮮な現地情報
そして南関競馬での経験と実績を組み合わせたとき
そこに勝利が生まれ、それを続けることで常勝となるんでしょうね。

今日の『さきたま杯』も期待できそうです!

僕は、まずはここから無料登録して試してみましたよ^^
  ↓   ↓   ↓   ↓
クロニクル