3月25日(日)に行われる高松宮記念2018の予想です。
高松宮記念2018予想
高松宮記念の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【高松宮記念】過去5年の傾向

☆道悪だった昨年は父ミスプロ系という馬が1〜4着まで独占しました。
※今年の登録馬ではセイウンコウセイ・セカンドテーブル・ダンスディレクター・ファインニードル・フミノムーン・ラインスピリット・リエノテソーロ・レッツゴードンキ・レッドファルクスが父ミスプロ系です。


ノーザンテーストダンチヒ系ストームバード系ヴァイスリージェント系といった、パワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)を持つ馬がよく走っています。
※今年の登録馬では、シャイニングレイ・ジューヌエコール・ダイアナヘイロー・ネロ・ノボバカラ・ブリザード・モーニン・リエノテソーロなどが該当します。


サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)アドマイヤコジーン(グレイソヴリン系)タイキシャトル(ヘイロー系)マイネルラヴ(ミスプロ系)など、日本の短距離G1で活躍した血統にも要注目です。
※今年の登録馬では、キングハート・スノードラゴン・ダイアナヘイロー・レーヌミノルなどが該当します。


☆馬券圏内に来た馬の多くは、前走で掲示板以内の成績を残しているか、上がり上位の脚を使っており、好調なことも重要です。


★中京芝1200mの傾向
高松宮記念2018予想参考中京芝1200m

ダンチヒ系が大活躍しています。
3レースすべて父か母父がダンチヒ系という馬が勝利。
2着も2回と絶好調です。
※高松宮記念の出走馬では、ブリザードとリエノテソーロの母父がダンチヒ系です。


↓先週は40万円オーバー獲得!今週の高松宮記念は自信度MAXの通常の3〜5倍額勝負指定レースとなります。
http://blog.livedoor.jp/k11net/



◎はアドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)のこの馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
アドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)は昨年セイウンコウセイが勝利、2013年と2015年にはハクサンムーンが好走するなど、高松宮記念の好走血統。
先行力があり、追ってからの末脚もしっかりしているというのは心強いですし、高松宮記念で好走するタイプだとも思います。
内枠の方が有利なレースなので枠順はもう少し内の方が良かったですが、この馬の内の方には差し馬が多めの印象があるので、ナックビーナスとの兼ね合い次第にはなりますが距離ロスなく運べる可能性もあると思います。


○レッドファルクス。
スウェプトオーヴァーボード産駒(ミスプロ系)
昨年3着、スプリンターズSは連覇中と、日本の短距離路線では格上の存在。
前走の阪急杯は最後だけ脚を伸ばしてきて3着と、前哨戦としては悪くない内容。
枠順も昨年と同じくらいのところで良いですし、力は発揮できると思います。


▲ブリザード。
父Starcraft(ヌレイエフ系)×母父Redoute's Choice(ダンチヒ系)
母父のダンチヒ系は今中京開催芝1200mで絶好調な血統。
スプリンターズSではチグハグな競馬ながら5着には来ましたし、香港スプリント3着の実績からも能力は間違いなく高い。
瞬間的なスピードに不安があるので、直線で加速するようなレースになると厳しいですが、前傾ペース寄りの流れになってくれればチャンスは大きくなるはず。


△レッツゴードンキ。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
昨年は2着に好走。
この距離では脚を溜めてしっかり伸びてくることが出来ますから安定感あり。
昨年は内を突きましたが、今年は真ん中寄りの枠に入ったのでどういう進路を選ぶか。
ただ、イン突きでしか好走できないというタイプではないので、よほど外を回らない限りは崩れることもないと思います。


△ダンスディレクター。
父アルデバラン2(ミスプロ系)×母父サンデーサイレンス
少し外目の枠はマイナス。
ただ、阪神Cでは強豪相手に楽に4番手から進め、ゴール前まで粘る好内容。
もともと末脚のキレ味はこの路線のトップクラスですし、あのくらいスッと行けるのであればここでも勝ち負けになるはず。


△セイウンコウセイ。
アドマイヤムーン産駒(ミスプロ系)
昨年の勝ち馬。
週中の雨はこの馬にはプラス。
昨年ほど展開や馬場がハマるということはないでしょうが、高松宮記念に向けてしっかり復調気配を見せていることから、警戒が必要だと思います。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○レッドファルクス
▲ブリザード
△レッツゴードンキ
△ダンスディレクター
△セイウンコウセイ
買い目:◎○▲の単勝、◎と○それぞれから馬連・3連複


□■□■□■□■□■□■□■□■□

 第48回 高松宮記念(GI)

 先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

  →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の最優秀短距離馬・レッドファルクスに、前年覇者セイウンコウセイ、15年桜花賞馬レッツゴードンキ、17年桜花賞馬レーヌミノルといったGI馬だけでなく、
前哨戦を制したファインニードル、ダイアナヘイロー、キングハートといった有力馬達が参戦し、ほぼ国内スプリント路線のベストメンバーが揃った印象だが、
そこにスプリンターズSで5着、香港スプリントでも3着と健闘した香港馬・ブリザードが加わり、
馬券的には見どころ満載の1戦になることはまず間違いない。

マスコミの報道は“大混戦”を煽り立てることは必定。
特にGIでは全く勝負にならないような馬でも「絶好調!」「一発ある!」などという無責任な情報が流布することはよくあることで、
そんな情報を頼りに馬券を買っていては、的中に近づけることはできない。
まさに“運頼み”としか言いようのない状況となるだろう。

しかし、当社シンクタンクには元調教師・元騎手を筆頭に、競馬界の内部に精通する人物が情報ルートとして在籍。
騎手、厩舎はもちろんのこと、馬主、生産者、エージェントといったあらゆる関係者から話を聞き出せる情報網を持っている。
嘘か真か不明瞭な情報が錯綜するGI競走において、この情報力の差がもたらす影響は極めて大きいと断言できる。

実際に、昨年のスプリント重賞では、CBC賞で穴馬セカンドテーブル(13番人気2着)の激走情報を掴み馬連1万8380円的中
キーンランドCでは、激走穴馬エポワス(12番人気1着)を本命に指名し3連単11万4130円的中と、当社の情報力が遺憾なく発揮されている。

実は、今年の高松宮記念でも上記のような”激走穴馬”の存在をマーク済み。
馬券に絡むようならば、10万馬券オーバーの高配当になる可能性も十分にある。
そこで、今週は特別も特別に、当社シンクタンクがお届けする高松宮記念の【3連単勝負馬券】を無料公開する。
競馬関係者から、確かな情報を入手できるプロの買い目を、是非とも身をもって体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 第48回 高松宮記念(GI)

 先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開

  →ココをクリック!

シンクタンク高松宮記念