天皇賞(春)2018が行われる京都芝コースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
天皇賞春2018予想参考
京都芝コースの傾向を分析することで天皇賞(春)の注目馬を探します。
☆2400mのレースではハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が勝っていました。
そのレースの3着馬は母父がトニービン(グレイソヴリン系)
ハーツクライ自身の母父もトニービン(グレイソヴリン系)ですから、この血統には注目したいですね。
※天皇賞(春)の出走馬では、カレンミロティック・サトノクロニクル・シュヴァルグラン・チェスナットコート・ピンポンがハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
その他の馬では、アルバートがトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っています。



ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)も3勝2着3回と好調です。
※天皇賞(春)の出走馬では、スマートレイアー・ソールインパクトがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。



ノーザンダンサー系(大系統)では、ダンチヒ系サドラーズウェルズ系の活躍が目立っています。
ヴァイスリージェント系は今のところ1600mまでではありますが、この系統にも注意した方が良いかもしれません。
※天皇賞(春)の出走馬で父か母父がダンチヒ系なのは、シホウ・ソールインパクト・トーセンバジル。
ガンコの母父がサドラーズウェルズ系
チェスナットコート・トミケンスラーヴァ・レインボーラインの母父がヴァイスリージェント系です。


↓先週は28万円獲得!今週は自信の3倍額勝負レースの2鞍(天皇賞・春含む)提供!
http://blog.livedoor.jp/k11net/


■■【天皇賞・春】■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う天皇賞・春(G1)の3連単が知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

仝議感技奸Φ骸蠅覆俵デ牢愀玄圓情報提供をしている

⊂霾鵑鬚發箸貌伴で構築しているデータベースで分析

【天皇賞・春】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ

マスターズ天皇賞