天皇賞春2019が行われる京都芝コースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
天皇賞春2019予想参考
京都芝コースの傾向を分析することで天皇賞(春)の注目馬を探します。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が3勝2着3回3着1回と好調です。
この系統のディープブリランテ産駒(サンデーサイレンス系)も勝っていますし、今の京都芝コースに合っていることは確かだと思います。
※天皇賞春の登録馬ではグローリーヴェイズ・フィエールマンがディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)です。



スペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)ダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)という、ニジンスキーの血統をあわせ持つサンデーサイレンス系種牡馬が母父として好調なことにも注目したいですね。
※天皇賞春の登録馬ではユーキャンスマイルの母父がダンスインザダーク(サンデーサイレンス系)
ケントオーがダンスインザダーク産駒(サンデーサイレンス系)です。



ハーツクライ(サンデーサイレンス系)の系統も距離が延びて良さそうですね。
ルーラーシップ産駒(ミスプロ系)もよく走っていることから、スタミナ的な持続力に優れたトニービン(グレイソヴリン系)の血統がポイントになっているのかもしれません。
※天皇賞春の登録馬でトニービン(グレイソヴリン系)の血統を持っているのはカフジプリンス・チェスナットコート・プリンスオブペスカ。



ロベルト系も父・母父ともによく走っている印象です。
※天皇賞春の登録馬で父か母父がロベルト系なのはカフジプリンス・クリンチャー・パフォーマプロミス・ヴォージュ。


PR.【毎週無料】6週連続GIを完全監修!天皇賞の激走穴馬はコレ!


こちらの記事もオススメ⇒【天皇賞春2019】出走予定馬 5年連続好走中の血統を紹介


□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第159回 天皇賞春(G1)

  エタリオウ?フィエールマン?
    ユーキャンスマイル?
  【情報注目馬5頭】を無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の古馬中長距離路線は、大阪杯がGIへと昇格し、更にはドバイや香港といった海外も選択肢に入るのが当たり前の時代となった。かつては王道だった春の天皇賞も、以前よりも長距離色の強いメンバーが揃うようになったが、近年は距離適性以外の理由による出走も増えている。それが、大手生産者グループによる“使い分け”だ。

その筆頭と言うべき存在が、今年も大阪杯、桜花賞、皐月賞とGI3連勝中のノーザンファームだ。ノーザンファーム天栄、ノーザンファームしがらきなど、今やトレセンをも凌駕する規模の育成施設を持っているため、若手調教師の間を中心に、「牧場(外厩)主導の仕上げ」を飲み「ローテーションを始めとした育成方針の決定権」を譲ることも当たり前となっている。また、ノーザンファームで修行していた経験のある調教師も多くなっており、その影響力は日増しに強くなっている印象だ。

今年の天皇賞は、シャケトラが不運にも1週前追い切り後に故障を発生してしまったものの、エタリオウ、フィエールマン、ユーキャンスマイルなど、有力馬の大半がノーザンファーム生産馬といった様相。必ずしもノーザンファーム生産馬が馬券になるとは言えぬが、的中を掴むためには、その思惑を把握しておく必要があることは確かな事実である。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、外厩施設に取材が及ばないため、その思惑を明確に掴むことはホボ不可能であり、マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様だ。

当然、弊社シンクタンクは外厩からの情報も重要視しており、早い段階で牧場・外厩関係の情報を入手できるよう情報網を構築してきた。つまり、一般ファンでは入手できない情報も掴んでいるというわけだ。

結論に関しては、直前までしっかりと情報収集してお伝えするが、既に情報ルートから天皇賞の情報が続々と入ってきており、「最大の伏兵」となり得る激走穴馬の存在にも目星をつけている。この馬が“高配当馬券の肝”となる可能性は十分と睨んでいる。そこで、今回は特別に天皇賞の“高配当馬券の肝”である激走穴馬を含めた情報注目馬5頭を無料公開する。天皇賞の馬券を獲りたい、高配当、万馬券を狙いたい方は、ぜひともチェックしておいて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第159回 天皇賞春(G1)

  エタリオウ?フィエールマン?
    ユーキャンスマイル?
  【情報注目馬5頭】を無料公開

    →ココをクリック!

シンクタンク天皇賞春