天皇賞・春2016出走予定馬5月1日(日)に行われる天皇賞春2016のプレ予想です。
※土曜日の本予想では違う結論になる可能性もありますm(_ _)m

ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)が3連勝中。

ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)も2年連続で好走している。

ノーザンダンサー系(大系統)の重要度が高い。
ダンチヒ系ストームバード系ヌレイエフ系ノーザンテーストなどスピードのあるタイプに特に注目したい。

☆2012年はトニービン(グレイソヴリン系)の血を持つ馬が掲示板を独占。

リボー系ハンプトン系(大系統)にも要注目。


とっておきの2頭で50倍超も狙える【天皇賞の爆穴1点】が無料
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
シンクタンク:天皇賞春490_160


アドマイヤデウス:好走血統トニービンの血統を持っている。
持続力があって京都適性も高いが、スピード面で少し足りないところがあるので、内枠か積極的な競馬で。

アルバート:トニービンの血統を持っている。
良馬場では厳しいが、馬場が渋れば面白い存在。

カレンミロティック:トニービンの血統を持つハーツクライの産駒。
昨年3着。
先行力は武器に出し抜くのが好走パターン。
今回は強力な先行勢がいるので、展開的に恵まれる可能性は低そう。

キタサンブラック:ゆったり走るタイプなので、京都は良い。
極端に後ろからにならなければ、どういうレースでも出来るのは大きな武器。
ただ、武豊騎手ということで心強い面もあるものの、逆にマークがきつくなることも。

ゴールドアクター:連勝中のロベルト系はどこまでも強く、この馬にもそういう雰囲気は感じる。
レースの上手さも大きな武器だが、マークがきつくなったり、乱戦になった時に上手く対応できるか?

サウンズオブアース:充実。
京都も悪くはないが、タフなコースの方が合っているので、速い馬場に分類される京都だと少しスピード面での不安はある。
昨年は直線伸びて来たが、最後にパッタリ止まったことは気になる。

サトノノブレス:母父がトニービン
京都適性はあるが、この距離に入ると持続力でもスピードでも少し足りないか。

シュヴァルグラン:ハーツクライ産駒
ただ、母系はスタミナ的な不安もある。
長く良い脚を使えるが、瞬発力はあまりないので、スムーズに加速できるかがカギ。

タンタアレグリア:流れに乗れるのは良いが、持続力、決め手ともに少しずつ足りない印象。
母母父サドラーズウェルズ系というのは悪くないが。

トーセンレーヴ:京都記念は馬場も向かなかったかもしれないが、中距離で後半のスピードを活かすのが合っている印象。

トーホウジャッカル:母系はミスプロ系×Nureyevで不安はある。
かといって、スピード面で他馬以上のものもない。
菊花賞時は間違いなく強かったが・・・。

トゥインクル:フェノーメノ・ゴールドシップと春の天皇賞3連勝中のステイゴールド産駒
充実しているは良いが、スピード面では劣るので、パンパンの良馬場では分が悪いか。

ファタモルガーナ:先行力と持続力があり、スピードもそこそこある。
決め手に欠けるが、早め先頭から押し切るような競馬が出来れば一発あるかも。

ファントムライト:スタミナが活きるコースや馬場でしっかり末脚を伸ばすタイプなので、京都では良さが出ない可能性はある。
道悪になれば怖さは出てくる。

フェイムゲーム:ハーツクライ産駒
スタミナの活きる馬場だった昨年は惜しい2着。
そういう馬場ではなかった一昨年も伸びて来たことから、長距離では確実に伸びて来ると考えて良さそう。
前に厳しい展開や馬場になれば。

レーヴミストラル:瞬発力もなかなかのもので、前を射程圏内に入れることが出来ていれば一気に突き抜ける可能性もある。
ただ、どうしても後方からになってしまうし、距離ロスも考えないといけない。

人気ブログランキングへ


◎ゴールドアクター
○サウンズオブアース
▲フェイムゲーム
△キタサンブラック・シュヴァルグラン・ファタモルガーナ


□■□■□■□■□■□■□■□■□

第153回 天皇賞・春(G1)

   50倍超も楽に狙える!
天皇賞・春の爆穴一点を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都の芝3200mで唯一行われるレースだけに、コースを経験している馬が少なく、あらゆるデータも当然ながら少ない。新聞の印や建前しか語られないコメントは全くと言っていいほど役に立たない。

事実、1番人気が勝ったのは10年前のディープインパクトのみで、しかも9年連続1番人気が連対していない。
10万馬券は当たり前、100万馬券も飛び出しているほど波乱が前提のレースとなっている。つまりは、一般ファンの多くが世間に出ている情報を頼りに外れ馬券を買わされているのだ。

今年は昨年の有馬記念と前哨戦の日経賞を制したゴールドアクターが人気の中心になりそうだが、ディープインパクトレベルの突出した馬は不在。今年も大波乱となって不思議ない状況だ。

実は、総勢450名以上の情報ルートを有する当社シンクタンクは既に天皇賞の“激走穴馬”その存在をマーク済み。この馬が今年の波乱を演出する可能性は濃厚と見ている。そんな“情報”があるからこそ買える天皇賞の爆穴1点情報を今週は特別に無料公開する。ぜひ見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第153回 天皇賞・春(G1)

   50倍超も楽に狙える!
天皇賞・春の爆穴一点を無料公開!
ココをクリック!

シンクタンク:天皇賞春300_250