3月31日(土)に行われるダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想です。
ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想
ダービー卿CTの出走馬と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【ダービー卿CT】過去5年の傾向

サドラーズウェルズ系の血統が活躍しています。
2016年の勝ち馬マジックタイムは母母父がサドラーズウェルズ、昨年2着のキャンベルジュニアの祖父フェアリーキングサドラーズウェルズの全弟という血統です。
※今年の出走馬では、キャンベルジュニアが該当します。


サドラーズウェルズ系以外のノーザンダンサー系(大系統)にも注意したいですね。


ロベルト系も3年連続で馬券圏内に来ており要注目です。
今年の出走馬では、ゴールドサーベラス・ミュゼエイリアンが父ロベルト系です。


★中山芝1600mの傾向
ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想参考

スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)が2勝。
この2頭はダービー卿CT出走馬のゴールドサーベラスとミュゼエイリアンで、単勝28.5倍に単勝26.6倍とどちらも人気薄での勝利でした。


クロフネ(ヴァイスリージェント系)などのヴァイスリージェント系が母父としてよく走っています。
※ダービー卿CTの出走馬で父か母父がヴァイスリージェント系なのは、クラリティスカイ・サンライズメジャー・テオドール。


サンデーサイレンス系は悪くはないですが、特に目立った活躍をしている種牡馬はしていません。
どちらかと言えば機動力タイプの方が優勢に感じます。


☆他ではノヴェリスト産駒が好調ですが、ダービー卿CTにはあまり影響はなさそう。


↓先週はコロガシ成功で24万円獲得!今週の大阪杯週は5万円開始のコロガシ大勝負週となります。
http://blog.livedoor.jp/keiba121/



◎はハービンジャー産駒(ダンチヒ系)のこの馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
ダービー卿CTはノーザンダンサー系(大系統)率が高いレースで、父ノーザンダンサー系(大系統)も3年連続好走中。
昨年、母父ダンチヒ系が1着2着だったことも父ダンチヒ系のこの馬には心強いですし、最注目サドラーズウェルズの血統も母系に持っています。
前走は東京でキレ負けという印象。
中山に戻ることは良いですし、スピードもあるので1600mも問題ないとみました。


○レッドアンシェル。
父マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)×母父Storm Cat(ストームバード系)
前走の京都金杯は流れを考えると、少し仕掛けを待ちすぎてしまった印象。
それでも飲み込まれずに3着を確保したのは地力の高さと充実している証。
好位からしっかり脚を使えますし、坂も問題なしと、弱点の少ないタイプ。
構えすぎず、しっかり仕掛けていくことができれば重賞制覇のチャンスだと思います。


▲キャンベルジュニア。
Encosta De Lago産駒(ノーザンダンサー系)
昨年2着。
祖父のフェアリーキングサドラーズウェルズの全弟。
近走は距離やコース、流れ、馬場などが向かずに2桁着順が続いていますが、得意の中山1600mに戻る今回は巻き返しがあってもおかしくない。


△グレーターロンドン。
ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)ですが、ロンドンブリッジの仔で純粋な末脚タイプではないのかなという印象。
そのため差す競馬をするにしても、極限の瞬発力は要求されやすい東京よりは持続力レースになりやすい中山の方が良いですし、前走のように前に行く競馬も中山ならハマる可能性はあると思います。


△ソルヴェイグ。
ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)はロジチャリス・カレンブラックヒル・ダイワマッジョーレなどが好走しています。
1600mも問題ないですし、総合力で勝負するタイプなので中山は面白そう。


△マルターズアポジー。
ゴスホークケン産駒(ストームバード系)
少し速めのペースで後続の脚を削ぐような逃げができれば強い馬。
ただ、前走の中山記念はペース的にも隊列的にもかなり恵まれましたし、中山記念よりも後続からのプレッシャーが強くなった時にハンデ戦ということもありどうなるのかなという心配もある。


△ミュゼエイリアン。
スクリーンヒーロー産駒(ロベルト系)のコース成績は優秀で、ミュゼエイリアンとゴールドサーベラスは前走単勝20倍以上で勝利。
ただ、ゴールドサーベラスは前半のスピードがあまりないことが気になって、重賞の今回は消し。
ミュゼエイリアンの方は、前走の直線で11.3と瞬間的な速さを見せたことを評価。
今回もレース運び次第で好走のチャンスはあると思います。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○レッドアンシェル
▲キャンベルジュニア
△グレーターロンドン
△ソルヴェイグ
△マルターズアポジー
△ミュゼエイリアン
買い目:◎○▲の単勝、◎と○それぞれから馬連・3連複


マーチSの3連単15万馬券をたった12点で会心的中!
⇒大阪杯でも『一撃帝王』の予想から目が離せません!



昨年末、チャンピオンズCからホープフルステークスまで
G1レースを連勝して

やっぱりこのサイトは重賞レースに強い!

という評判が確定した『一撃帝王』というサイト。


2018年もその勢いは全く衰えません!
今週はマーチステークスの3連単をたった12点で的中しちゃいました(゚Д゚)

153万5700円獲得です!


大阪杯も気合いが入っています!

今回は『一撃帝王』の大阪杯追い切り情報の一部を公開しちゃいます!

┏━┓
┃■┃ 大阪杯(G1)最終追い切り
┗━╋…──────────────

スワーヴリチャード Mデムーロ 騎手
3月28日(水)栗東CW(良)【83.3-67.6-53.2-39.2-12.4】
馬なり
鋭く伸びて理想的なフィニッシュと言える。本番に向けて態勢は万全だ。右回りコースでもチカラを出し切れればチャンスは十分にある。

ペルシアンナイト 福永祐一 騎手
3月28日(水)栗東CW(良)【52.3-37.2-11.7】
馬なり 併せ併入
休み明けを一度使って素軽さが増した印象。距離適性も問題ないと判断したい。展開ひとつでは下馬評を覆す事ができる馬だと思う。

サトノダイヤモンド 戸崎圭太 騎手
3月28日(水)栗東CW(良)【85.4-68.8-54.0-39.8-11.7】
併せ先着
調教師いわく秋以上の仕上がりとコメントを頂き、納得の出来といえるだろう。期待も高まる一戦だけに初コンビとなると鞍上と息の合ったプレーを見せて欲しい。


さらに週末にかけて公開される無料コンテンツ『重賞の思わぬ伏兵』
必ず抑えておきたい情報!

大阪杯(G1)の妙味溢れる一頭を、
配当やマスコミの事前評価に惑わされる事なく公開させて頂きます。



大阪杯もダービー卿CTも楽しみですね!

ただ、1つだけ注意していただきたいことがあります。
これだけ当たっていて、今話題になっているサイトですから
週末には混み合って登録しにくくなることがあります。
そのためサイトにつながったら、すぐに無料登録しておくことをお勧めします。


『一撃帝王』の大阪杯無料情報はこちらから入手できます。
  ↓  ↓  ↓  ↓
一撃帝王