1月20日(日)に行われる東海ステークス2019中京D1800mの出走予定馬(登録馬)と過去5年の血統データを予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。
東海ステークス2019出走予定馬
東海Sの血統データを分析することで、今年の注目馬を探します。
☆父か母父がミスプロ系という馬の好走が多くなっています。



☆特にミスプロ系×ターントゥ系(大系統)配合馬がよく走っています。
基本的にはスタミナが要求されやすいコースなのでターントゥ系(大系統)の溜め、レース後半のスピードへの対応でミスプロ系が効いている感じでしょうか。
※今年の登録馬ではグレンツェント・スマハマ・チュウワウィザード・モルトベーネが該当します。



☆穴馬なら内目の枠のパワー型ターントゥ系(大系統)に要注目です。


先週の3日開催は10万円開始の3鞍コロガシで165万円獲得成功!
今週は「強力情報馬」が出走となるため、10万円×2鞍のコロガシ大勝負週となります。
合言葉「イチロクゴ」の記載メールで情報料金から2万円引きでの登録とさせていただきます。



【東海S】の血統プライマル
(過去3年の1〜3着馬9頭が対象)
☆タイプ:パワー型9/9
☆スピード系統:9/9
☆父の系統ミスプロ系ターントゥ系(大系統)ともに4/9
☆注目血統ミスプロ系×ターントゥ系(大系統)配合、パワー型ターントゥ系(大系統)

東海Sの血統からの注目馬は⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。


PR.タケポンの一週前重賞予想 
20日は豪華G2のAJCCと東海Sが行われます。 春の芝中距離G1やフェブラリーSに向けた重要なレース。G1級の楽しみな出走予定メンバーなので軸馬を1頭ずつピックアップしてみました!

AJCC:シャケトラ
G1でも上位人気していた実力馬が骨折休養明けで約1年ぶりに復帰!G2では1着1回2着1回と崩れたことがなく仕上がっていればここでも勝ち負けできる。
東海S:グレンツェント
一昨年のこのレースの勝ち馬。その後は不振が続いているが得意の条件に戻れば復活があっても驚けない。ミナリク騎手の手腕にも注目したい。







AJCCと東海Sに直結する昨年のG1を連続的中させた競馬大陸の利益直結馬。
この路線の力関係を把握されてるので信頼度絶大です!
利益直結馬はコチラから!

自分で予想した軸馬とここの買い目を組み合わせて的中目指します!
競馬大陸の穴馬を見に行く!
メール登録して確認メールをクリック!