2月4日(日)に行われる東京新聞杯2018の予想です。
東京新聞杯2018予想
東京新聞杯の出走馬と過去5年の血統データ、単勝人気とオッズを予想に役立つ見やすい色分け出馬表にまとめています。
★【東京新聞杯】過去5年の傾向
☆やはりディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)は強く、4年連続連対中です。
※今年の出走馬では、カデナ・ガリバルディ・グレーターロンドン・サトノアレス・ダノンプラチナ・ベルキャニオンがディープインパクト産駒です。


リファールの血統を持つ馬が毎年のように好走しています。
ディープインパクト自身の母父もリファール系です。


ダンチヒ系ノーザンテーストヴァイスリージェント系などのパワースピード型ノーザンダンサー系(大系統)も悪くないですね。


☆瞬発力だけでなく、スタミナ的な持続力も持ち合わせていると良いですね。
近年はスローから上がりも速くなっていますが、そういう場合でもキレるタイプではなく、持続力タイプの馬が上がりもまとめて好走するということが多くなっています。


★東京芝1600mの傾向
東京新聞杯2018予想参考

☆土曜日のレースではハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)が1着3着。
3着馬は人気薄での好走だったので、この血統には注意が必要かもしれません。
※東京新聞杯の出走馬では、リスグラシューがハーツクライ産駒です。



元厩務員が監修している『キングダム』は実力が違う!
【根岸S】の3連単もたった6点で的中
⇒【東京新聞杯】情報への無料登録はこちらから




◎はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)の、この馬⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。
東京芝1600mは2015年に富士Sを上がり最速の脚を使って勝利していますが、その富士S以降は上がり最速からも勝利からも遠ざかり、前走中山の1600mで久々に上がり最速の脚をマークして勝利。
若い頃は斤量差などを活かして瞬発力勝負でも良い走りをしていましたが、富士S以降は東京や新潟といった広いコースで勝てず、前走中山の持続力レースで上がり最速の脚を使って勝ったことにこの馬の本質=持続力タイプだということが現われている気がします。
デビュー2戦目3戦目で見せている、好位からの総合力勝負というのがこの馬の良さが最も出る競馬だと感じますし、あれが出来るなら東京新聞杯の好走パターンに当てはまります。
もう6歳になりましたが、流れに乗った競馬が出来れば、もう1つ上のステージに行ける馬だと思います。


○クルーガー。
キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)
この路線ではG1はまだ無理でも。G3クラスではトップクラスの馬。
軽いキレ味よりもしっかりとした脚で伸びてくるタイプで、週中の雪はこの馬にはプラスになりそう。


▲アドマイヤリード。
ステイゴールド産駒(サンデーサイレンス系)
前に壁を作って我慢する競馬を教えてきたことで強くなった馬で、今更それを崩したくないでしょうし、それを考えると1枠1番は割り切れる分良いと思います。
道悪も得意。


△リスグラシュー。
ハーツクライ産駒(サンデーサイレンス系)
持続力があり速い脚も使うことが出来る。
少し行きたがる面があるので、1600mへの距離短縮は好材料かも。


△サトノアレス。
この馬も本命馬に似たタイプのディープインパクト産駒という印象。
デビュー当初は好位で競馬をしていて、朝日杯FSで溜め気味の競馬で突き抜けるも、そこから少し伸び悩み。
前走も悪い競馬ではありませんでしたし、脚を溜めるよりも流れに乗る方にシフトしていくことで良い走りが出来るようになっていくのではないでしょうか。


△ダイワキャグニー。
キングカメハメハ産駒
やはり右回りはまだ苦手のようで、左回りに戻ることはプラス。
東京では楽に先行できて、瞬発力・持続力どちらのレースにも対応できています。


△グレーターロンドン。
ディープインパクト産駒
この馬も母も考えると、本当は前受けの競馬が出来た時が完成形なのかも。
能力の高さと、父の血統から差す競馬でも勝ち上がってくることが出来ましたが、そろそろこのスタイルでは苦しくなってきている印象。
とはいっても、このクラスでは力上位なので今まで通りの競馬でも馬券圏内に入ってくる可能性は高い。


【予想印】
最強競馬ブログランキングで公開中です。
○クルーガー
▲アドマイヤリード
△リスグラシュー
△サトノアレス
△ダイワキャグニー
△グレーターロンドン
買い目:◎○▲の単勝、◎から馬連・3連複


元厩務員が監修している『キングダム』は実力が違う!
【根岸S】の3連単もたった6点で的中



★3連単的中おめでとうございます!!★
【根岸ステークス】3連単たった6点で見事制覇!!


以下が実際に『キングダム』が配信した根岸ステークスの予想です。

■□■□■□■□■□■□
◆東京11R
根岸ステークス(G3)
1400m(ダート・ 左)
発走:15:45

8番サンライズノヴァを本命とします。
昨年のユニコーンSの勝ち馬です。
最終追い切りは時計+動き共に文句なし。
馬券圏内を外す事はないでしょうめ。
調子の良い14番ノンコノユメを対抗とします。
______________________

◎ 8番 サンライズノヴァ
○ 14番 ノンコノユメ
▲ 6番 カフジテイク
★ 4番 マッチレスヒーロー
△ 12番 ブルドッグボス
△ 7番 キングズガード
☆ 2番 アキトクレッセント
______________________

【3連単/極少BOX】
【BOX】6.8.14
※点数6点※
【推奨投資金1000円(1点)】


結果 3連単14-8-6
配当 20万2000円獲得!!【★3連単6点的中★】



さすが、元厩務員が監修しているサイトだけあって
キングダムの予想の実力は他とはちょっと違うようです。


元厩務員
競馬歴46年

本当のプロ目線だからこそわかることがある・・・

2018年も好スタートを切った万馬券キングダム


今週は東京新聞杯の予想を提供!


⇒『キングダム』東京新聞杯情報はこちらから、登録無料です!

キングダム