6月2日(日)に行われる安田記念2019のプレ予想です。
安田記念2019出走予定馬
ダノンプレミアムなどについて書いています。
ステルヴィオ
ロードカナロア産駒
昨年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬。
ただ、スピードレースへの対応はどうか?というタイプでもある。
スパッとした反応はないので高速馬場だとそこで置かれるかもしれない。
前走の大阪杯は条件は合っていなかったが
それにしても負けすぎで気になるところ。



スマートオーディン
ダノンシャンティ産駒
周りが止まっている中で速い脚を使うことは出来るが
周りも速い脚を使っている中でさらに速い脚を使うというタイプではなさそう。
位置取り的にも高速馬場は厳しいか。



ダノンプレミアム
ノビノビ自分のペースで走ったサウジアラビアロイヤルカップのようなレースが理想か。
ディープインパクト産駒なので瞬発力もあるのだが、
そういう流れにしてしまうとアーモンドアイの方がキレるだろうし
後続にもチャンスを与えることになってしまう。
母母父がデインヒル(ダンチヒ系)というのは今の東京では心強い。
重い印候補。


3連単馬券が無料】安田記念の激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ



フィアーノロマーノ
Fastnet Rock産駒
中山と比べると東京はパワーを活かしにくいかなと思うが
今の東京ならダンチヒ系ということだけでも
狙ってみる勝ちはありそう。
△候補。



ペルシアンナイト
ハービンジャー産駒
1分33秒台のマイルチャンピオンシップで2年連続好走、
1分31秒台の富士S、安田記念で凡走していることから
高速馬場では狙いにくい。



モズアスコット
昨年の勝ち馬。
ただ、昨秋からの走りは少し物足りない。
Frankel産駒
ここまであまり成長力を見せていないので
ピークが過ぎているとなると厳しいかもしれない。



□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第69回 安田記念(G1)

 激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
  【穴の3連単馬券】を無料公開

    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

一時、出走が取り沙汰されていた、香港最強マイラーのビューティージェネレーションの来日は残念ながら実現しなかったが、現役最強馬と目されているアーモンドアイに、復帰2戦を圧巻のパフォーマンスで制したダノンプレミアムが激突。更には、アエロリット、ケイアイノーテック、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコットなどのGI馬が多数参戦を予定しており、例年に比べても注目度は俄然高いと言えよう。

注目度が高くなればなるほど、世に出回る情報は多くなる。しかし、それが有益かどうかの話は別。本音を世間に語るメリットのない関係者がマスコミに語る大部分は建前コメントでしかなく、いわゆる毒にも薬にもならないモノばかり。そこから確信に至る結論を導き出すのは相当困難な話であり、それらを参考に馬券を買っていては、大部分が運に左右されると言わざるを得ない。

また、今の競馬界で最も注目されるべき存在がノーザンファームだ。GIを席巻するノーザンファームの思惑を知らずして馬券購入することなど考えられない話だが、ノーザンファームが有する天栄、しがらきは“外厩”であり、トレセン内の施設ではない。すなわち、新聞記者の取材が及ばないことを意味している。無論、シンクタンクは早くから“外厩”の重要性に着目しており、そこからも情報を入手できるような態勢を整えてきている。競馬界の新たな時代の波にもシッカリと対応している。

マスコミは『アーモンドアイVSダノンプレミアム』の2強対決として煽り立てるかもしれないが、9番人気モズアスコットから的中をお伝えしてた去年や、圧倒的1番人気モーリスが8番人気ロゴタイプに敗れた2016年など、そもそも安田記念はひと筋縄ではいかないレースであり、まだ結論を下すのは早計だと断言しよう。

現段階では公表できないが、ある有力馬の「実は◯◯が良くないのでは……」という話「ウチの馬が勝ちますよ」と豪語する陣営の存在など、安田記念の情報は続々と入ってきている。

少しでも多くの競馬ファンの方々に、確かな関係者情報があることを知って頂くべく、今週の安田記念【穴の3連単馬券】を特別に無料公開する。前哨戦の京王杯スプリングCの3連単2万0940円的中、3連単1万8190円的中の東京新聞杯などでも確かな実績を残しているので、ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第69回 安田記念(G1)

 激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
  【穴の3連単馬券】を無料公開

    →ココをクリック!