3月4日(日)に行われる弥生賞2018のプレ予想後編です。
弥生賞2018出走予定馬
ワグネリアンなどについて書いています。
トラストケンシン
ハーツクライ産駒
スタミナはあるのだが、
道中のスピードと、
瞬間的な速さがない。
そのため、重賞になると厳しそう。



ニシノトランザム
Orb産駒
ボールドルーラー系で、やはりダートの方が合っていそう。
先行力があればまだチャンスもあるかもしれないが、
それも望めそうもないので。



ヘヴィータンク
クロフネ産駒
さすがにデビュー戦が重賞というのは厳しいか。
兄弟に芝実績がないこともマイナス。



リビーリング
ヴィクトワールピサ産駒
2戦とも東京1800mで、
上がりが速くならなかったデビュー戦は勝ち、
上がりが速くなった2戦目はキレ負け。
血統的にも中山でパフォーマンスを上げる



ワグネリアン
ディープインパクト産駒
3戦3勝。
超スローからのキレ味勝負、
重馬場でパワーとスタミナが要求されたレース、
しっかり流れた縦長のレースと、
異なる条件を連勝していることは心強い。
母系はパワーのある血統で、中山も問題なさそう。
位置取りがどうなるかだけ。
重い印候補。


弥生賞の血統からの注目馬は⇒最強競馬ブログランキングで公開中です。


PR【先週は小倉大賞典的中!100万越えが6本も!!】

「俺の無料」で有名な俺の競馬は週末4本も100万超えを的中。
しかもそのうち1本が200万オーバー。素敵です。
そのサイトは⇒コチラから登録無料



今週末に向けて特別企画がはじまるみたいです。
その一部がメルマガで公開されています。許可をもらったので、公開しちゃいます。
いつもご利用ありがとうございます。「俺の競馬」運営事務局です。
前週・前々週に配信のメルマガならびに的中実績はご確認いただけておりますでしょうか。
ご確認いただけております、お客様は既にお気付きかと存じますが、2週に渡り「とある人物」に【輪島の一撃】の情報監修を依頼し情報提供を行っておりました。
各週1鞍づつ特別に提供いただき実績を築き上げていただけた『 A氏 』。
[ A氏 とは ]
━━━━━━━━━━━
A・F・ミラー氏
来日して2ヶ月目
予想レース【 全83鞍中 71鞍 】の三連単的中と常軌を逸した的中精度を誇る。
その実績は【輪島の一撃】でも検証済み。

常人には到達し得ない域に到達した者のみが得られる資質を、彼は持ち備えており、監修レースでの指示における所作や発言に無駄がなく的確。世間一般の人間の資質を10に例えると、彼のそれは100にも到達し得る、所謂【 天才 】と呼ばれる部類の人間です。
全ての【 真実 】を導き出す彼の目に映るのは、会場の馬場状態、出走馬のクセ、騎手のクセ、展開から全てを紐解き、どの馬が1着に来るか見極められるからこそ、頭固定をし僅かなズレも見逃さないヒモを選び、確実に少点数で的中を導き出せるのです。

※『A・F・ミラー氏』本人の特定情報の開示許可の兼ね合いにより仮名でのご案内となります。予めご了承ください。
━━━━━━━━━━━

その『 A・F・ミラー氏 』に今回の企画に関して相談したところ快く引き受けていただけ、今回は特別企画【俺のサクセス】としてご提案が可能となりました。
毎週のように届くメルマガには熱いメッセージがたくさん詰まっています。
今年はどう考えても、負ける気がしません。「俺の2018年」間違いなし。
このサイトのおかげで最高の年になりそうですよ!
⇒ コチラから無料登録が出来ます