本日行われた3つの重賞
【フェアリーS】【阪神牝馬S】【CBC賞】的中したのは【阪神牝馬S】のみでした。
◎−△で馬単・馬連・ワイド的中です。
先に行われた2つの重賞が外れていたので
なんとかワイドだけでも当たってくれと祈っておりました。

下はこの3つの重賞の1〜3着馬の血統を表にしたものです。
3重賞結果
この表を見ながら回顧していきたいと思います。
(←表がやたらと長いですね・・・)
【フェアリーS】
このレースの予想記事はこちらです。
◎はアミリス。
4コーナーの辺りでは勝っちゃうかなと思ったのですが
最後はズルズルと後退してしまいました。
勝ったフェリシアはグラスワンダー産駒のロベルト系。
今中山開催の芝1200mで父ターントゥ系の馬は
3着以内に1度も来ていなかったので、この馬にかんしてはお手上げです。
ただ、過去3年のフェアリーSを見てみると
毎年1頭は必ずターントゥ系の馬が来ているので、
結果としては特に特殊ではないようですね。
【血統フェスティバル】データの有効な使い方として
未勝利戦や条件戦と、重賞レースを同じように考えるのはどうかという
ちょっと課題が見えてきたレースだったのかもしれませんね。
そういえば母父リボーは今中山開催芝1200mで4回目の3着です。
どういう意味があるかはちょっとわからないですが・・・

【CBC賞】
このレースの予想記事はこちらです。
過去の好走馬が再度好走することが多いCBC賞ですが
今年はゴールデンロドリゴが人気薄で来ました。
○だったのですが・・・シーイズトウショウよりこちらに◎を打ったほうが
インパクトはあったかもしれないですね。(外れは外れですが)
プレシャスカフェは父ノーザンダンサー系が土曜日も好走していたという
こともありますが、この馬自身強いのでしょう。
シーイズトウショウはなんだかチグハグなレース運びにみえたので
もうちょっと普通に走れていたらと思うとちょっと残念ですね。

【阪神牝馬S】
このレースの予想記事はこちらです。
今年も例年通りサンデーサイレンス産駒が強かったですね。
◎ヘヴンリーロマンスはちょっと人気になりすぎかなとも思いましたが
母父サドラーズウェルス系のサンデー産駒は
阪神JFでショウナンパントルも勝っているように
今の阪神マイルにもっとも適している配合なのだと思います。
騎乗も良かったと思います。
メイショウバトラーは12/12の6Rで
ノーザンテースト系とネヴァーベンド系の組合せの馬が2着だったという理由で
最後に△をつけたのですが、実はもともと買いたかっただけです。すみません。


↓3重賞パーフェクト的中のブログもあるかも↓

ワンクリックよろしくお願いいたします。
【血統フェスティバル】blogも登録中です。

【血統フェスティバル】のデータはこちらから無料で利用できます。