日曜日は芝・ダートともにグチャグチャの馬場のなか行われた中山開催。
なかなか馬券も買いづらかったのですが、どうだったでしょうか。

1/15・1/16の2日間で紹介できる的中レースは2つ
悔やまれるレースは3つあります。
早く悔やまれるレースの数を減らしたいのですが・・・

それでは的中したレース、
逆に悔やまれるレースを振り返っていきたいと思います。
【的中したレース】

・1/15 土曜中山11RニューイヤーS(芝1600m)
5R・3歳未勝利戦も同じく芝1600mで行われ、
1着馬が父ヘイロー系×母父ネイティブダンサー系
これと同じ組合せなのはヴリル・ユキノサンロイヤル
そして1/10から芝1600mでは母父ボールドルーラー系がきているので
マルターズホーク・ミッドタウンを選びました。
特にミッドタウンは5R・3歳未勝利戦の2着馬と同じく
父ノーザンダンサー系×母父ボールドルーラー系。
◎ユキノサンロイヤル(私個人は基本的に人気のないほうを選ぶので)
として、ワイド14.0倍的中。地味な馬券で申し訳ございません・・・

・1/16 日曜中山10R迎春S(芝2500m)
12月の中山開催と今の中山開催、芝レース好走血統の傾向にそれほど違いはないようです。
芝2500mというと思い出すのが12月中山開催でのティンバーカントリー産駒の活躍。
その開催で芝2500mは3レース行われ、有馬記念を除いた2つのレースで
ティンバーカントリー産駒は1勝2着2回
1/16芝2500m



この迎春Sにはその1勝をあげているトウショウナイトが出走。
この馬を1着軸に、この日大活躍だったヘロド系の血を持っている
トウカイアロー・オークファイヤー
ミスプロ系の血を持つタイキダイナスティ母父リボー系もこのコース好相性)
マイネルポロネーズの4頭へ。
3連単80.7倍・馬連4.6倍的中
タイキダイナスティが思いのほか人気だったので
3連単はそれほどつきませんでしたが
自分にしてはめずらしくきれいに獲れた馬券でした。

【悔やまれるレース】

・1/15 土曜中山9R朱竹賞(D1200m)

このレースで1着になったのは6R・D1200mで1着だった馬と同じく
1/15・16D1200m





父サクラバクシンオー×母父ミスプロ系のメジロハンター
2着にも6Rと同じく父ミスプロ系の馬がきました。
父ミスプロ系の馬は5頭いたのですが、母父をみてみると
D1200mではダンチヒ系とネヴァーベンド系が活躍しています。
母父をこの2つの系統に限定すると父ミスプロ系の馬は3頭まで絞れます。
結果は馬単31.9倍でした。
3点で獲れたかもしれないと思うと悔やまれますね・・・

・1/16 日曜中山3R(D1200m)
この日の1Rと同じく父エンドスウィープ×母父ターントゥ系のペイデイが勝ちました。
この組合せの馬はもちろんペイデイ1頭だけでした。
そして2着も1Rと同じく父ミスプロ系。
父ミスプロ系の馬は1着のペイデイを含めても4頭。
馬単93.9倍 馬連55.2倍でした。
ペイデイは外枠でしたし、今思うとここが狙い目でしたね。

・1/16 日曜中山8R(D1800m)
このレースはちょっと強引な解説になってしまうのですが
この前の7RはD1200mだったのですが母父ヘロド系がワンツー。
そしてこの8Rを14番人気で勝ったのが
父ヘロド系×母父ヘロド系のリトルプリンス
単勝135.3倍でした。(ヘロド系はこの日芝・ダート共に大活躍。)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
数ある競馬ブログの中でも「たら」「れば」までマニアック【血統フェスティバル】blog
最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。
常連の方もいつもありがとうございます。
いつの日か【悔やまれるレース】ゼロになることを目指しております。
【人気ブログランキング】よろしければワンクリックの応援お願いいたします。

【血統フェスティバル】blogも登録中です。

【血統フェスティバル】のデータはこちらから無料で利用できます。