共同通信杯出走予定馬
2月6日に行われる【共同通信杯】東京芝1800m
主な出走予定馬と
東京で行われた過去3回の1〜3着馬の血統は
こちらの表のようになっております。
2003年は中山競馬場で行われたため割愛させていただきます。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)


東京で行われた過去3回の共同通信杯では
父か母父どちらかにグレイソヴリン系の血を持った馬が連対しています。
今年の出走予定馬の中で父・母父どちらかにグレイソヴリン系の血を持っているのは
シンボリコジーン・トップガンジョー
シンボリコジーンの母父は昨年の共同通信杯でも
父、母父として2頭の好走馬を出しているダンチヒ系
トップガンジョーの父もこのレースに適性のあるロベルト系と
この2頭は抽選待ちですが出走できれば期待できると思います。

昨年のマイネルデュプレと同じく父ノーザンダンサー系×母父ナスルーラ系なのは
シャコーサクセス

2002年の勝ち馬チアズシュタルク父ヘイロー系×母父ノーザンダンサー系
今年はアドマイヤタカ・モエレフェニックス・レットバトラー・ロードマジェスティ
の4頭がこれに当てはまります。

そして注目のストーミーカフェ
この馬は父ヘイロー系×母父ブラッシンググルーム系
早くも週末の予想がばれてしまいそうですが、
今開催の東京芝1800mは父ヘイロー系は相変わらず好調
そして母父ブラッシンググルーム系は2レース連続で連対馬を出し(1勝2着1回)絶好調です。

土曜日の夜に予想を書かせていただきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【人気ブログランキング】1クリックの応援お願いいたします
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】のデータはこちらから無料で利用できます。
京都のデータも公開開始いたしました。
よろしければご利用ください。


14日間無料でプレイできます!