2月26・27日に行われた
アーリントンC・中山記念・阪急杯を振り返ってみたいと思います。
【アーリントC】予想はこちらです
アーリントンC結果レースのレベルはどうだったのかという、
1番大事なところを私はわかっていないのですが
最近の傾向からいえば
ここを勝ったビッグプラネットG1での活躍は確実

問題はいつ、どのG1で好走するかだと思います。
まだ陣営も路線を決めきれていないようですし、
騎手がかぶるということでディープインパクトとは
なるべく違うレースに出走させたいのかもしれません。
個人的には半姉ダイワエルシエーロがオークスを勝っているだけに
ダービーでもスイスイ先行すればかなり楽しめる存在だと思います。

【中山記念】予想はこちらです ◎-△ワイド的中
中山記念結果中山記念的中






バランスオブゲーム休み明け・G2はやはり良く走りますね。
中山記念はニジンスキー系の血を持った馬が好走すると
週初めからいろいろなところで書かせていただいたのですが
大きくまとめると大系統ノーザンダンサー系の馬が
好走するレースで、今年もそういった結果となりました。
来年の中山記念はアドマイヤジャパンかなと思います。
カンパニーは強いですね。
内に包まれて脚を余すのではという心配があったのですが
それがやや的中したにもかかわらず、それでも2着にきてしまうという・・・
これからどういう活躍をするのかイメージは湧かないのですが、いい馬ですね。

【阪急杯】予想はこちらです ◎-○馬連・ワイド的中
阪急杯結果阪急杯的中






阪急杯は年に数えるくらいしかない◎○での的中となりました。
キーンランドスワンは土曜日の阪神芝での好走血統である
ロベルト系を母父に持っていたということで指名できました。
次も好走するかというと、ちょっとあやしいと思いますが。
カルストンライトオは高松宮記念はもう大丈夫でしょう。
絞れて馬場が湿れば確勝だと思うのですがどうでしょうか。

たまに当たると書くことがあるので気持ちいいです^^
他の馬系blogはこちらから
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
2005年第2回中山開催2/26〜2/27データ(PDF 27KB)
2005年第1回阪神開催2/26〜2/27データ(PDF 28KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。