大阪杯出走予定馬の血統
4月3日に行われる【大阪杯】阪神芝2000m
主な出走予定馬と過去3年の1〜3着馬の血統は
こちらの表のようになっております。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
大阪杯は父ヘイロー系、なかでもサンデーサイレンス系の馬が3年連続で1着
今年は4頭が父サンデーサイレンスとなっており、それぞれの母父は
アドマイヤグルーヴ・ハーツクライ:母父トニービン(グレイソヴリン系)
サイレントディール:母父ヌレイエフ(系)
サンライズペガサス:ブライアンズタイム(ロベルト系)
となっております。
しかし近3年の勝ち馬たちの母父の系統に偏りはないので、
その時の好走血統にあわせて上記4頭のなかからお好みで選ぶのがもっとも良いと思われます。
また、大阪杯は2003・2004年のマグナーテンや2001・2002年のエアシャカールのように、好走実績のある馬が再び好走するというタイプの重賞ということで、2002年の勝ち馬サンライズペガサスにはやはり注意が必要かもしれません。

そのマグナーテンと同じく父ダンチヒ系×母父ノーザンダンサー系(大系統)という組合せなのが、400万馬券となった大阪城Sの3着馬マイネルベナード
昨年3着のカンファーベストや2001年にテイオムオペラオーなどを負かしたトーホウドリームなどは父ノーザンテースト系で、マイネルベナードは父・母父ともに大阪杯の好走血統となっており
今回も侮れません。  【大阪杯】他の馬系ブログの考察はこちら
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
2005年第3回中山開催3/26〜3/27データ(PDF 27KB)
2005年第2回阪神開催3/26〜3/27データ(PDF 26KB)
2005年第2回中山開催データ(PDF 43KB)
2005年第1回阪神開催データ(PDF 48KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――