福島牝馬S登録馬の血統
4月24日に行われる
【福島牝馬S】福島芝1800m
主な登録馬と昨年の1〜3着馬の血統は
こちらの表のようになっております。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
昨年の第1回福島牝馬Sの勝ち馬オースミコスモは今年も登録。父ヘイロー系×母父ハンプトン系(大系統)レクレドールもこれと同じ組合せとなっております。
昨年の2着馬マイネヌーヴェルも登録(前走で引退ではなかったんですね)。同じくブライアンズタイム産駒ではベルモントパティもいます。

【今福島開催芝1800m】
福島牝馬S参考
今福島開催芝1800mの結果をみると、父ヘイロー系は4勝ですべてサンデーサイレンス系ですが、サンデーサイレンス産駒そのものは1勝で、他の3勝はサンデーサイレンス系(孫)によるものです。そのサンデーサイレンス系の3勝のうち2勝は母父ボールドルーラー系との組合せ。
父サンデーサイレンス系×母父ボールドルーラー系にはキタサンラブソングがいます。

今福島開催芝1800mで気になるのはミスプロ系などのネイティブダンサー系(大系統)の不振。
父としては0勝で3着以内にも1度もきていないというのはかなり深刻。積極的には狙えないですね。
【競馬】ブログランキングはこちらです
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
2005年第1回東京開催データ(PDF 43KB)
2005年第2回京都開催データ(PDF 48KB)
2005年第3回中山開催データ(PDF 44KB)
2005年第2回阪神開催データ(PDF 46KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――