4月24日に行われた
福島牝馬S・フローラS・アンタレスSを1〜5着馬の血統をみながら
簡単にではありますが振り返りたいと思います。
【福島牝馬S結果】予想はこちらです。
福島牝馬S結果サンデーの孫サンデー産駒という結果は予想の通りでしたがハンプトン系(大系統)にこだわりすぎていたこともあって1着のメイショウオスカルは△まで。同日同コースで行われた福島5Rでは1着馬の父がノーザンテースト系だったので、もちろん母父ノーザンテースト系のメイショウオスカルにも向いた馬場だったのでしょう。
2・4・5着にはニジンスキーの血を持っている馬たち。今福島開催芝1800mはそんなにニジンスキーが活躍しているわけでもなかったのですが、先週から同コースでノーザンダンサー系(大系統)の血を持った馬たちが上位を独占するというレースがいくつかあったことは確か。福島牝馬Sの出走馬中、父・母父どちらかがノーザンダンサー系(大系統)という馬は7頭で、そのうちの2頭は今福島開催同コースではほとんど馬券に絡めなかったネイティブダンサー系(大系統)を父・母父に持っているということを考えれば、この2頭を除いた5頭まで絞れるわけでもうちょっと注意をするべきだったかもしれません。(ネイティブダンサー系の2頭は4・5着にはなったもののやはり馬券には絡めず)
◎オースミコスモは8着。4角までは良さそうに見えたのですが、ちょっともうきついかな・・・

【フローラS結果】予想はこちらです。
フローラS結果フローラSの方は福島とは違いサンデー産駒サンデーの孫という結果になりました。勝ったディアデラノビアは、内のほうの激しい追い比べとはまったく関係のない競馬で外から差しきり、という武豊な勝ち方。この鮮やか過ぎる勝ち方をみるとチューリップ賞・フィリーズレビューでの負けも乗り方が悪かったわけではなく、阪神では今日のような乗り方ができないからというだけだったのではないでしょうか。
◎メジロトンキニーズは1着から0.2秒差の6着。見せ場はあったので満足ですが・・・惜しかった。ジリジリ伸びてはいるのですが・・・外に持ち出したのは良いとしても、もうちょっと早めに仕掛けてほしかったです。ダンスインザダーク産駒は最後脚が上がっちゃうくらいの早仕掛けで良いと個人的に思っているだけに。

【アンタレスS結果】予想はこちらです。
アンタレスS結果同日同コースで行われた京都1Rでロベルト系が1・3着(1着馬は父ロベルト系×母父ロベルト系)と爆発の気配があったのですが、父ブライアンズタイム(ロベルト系)×母父トニービン(グレイソヴリン系)サワノブレイブは残念ながらノーマークでした。
2・3着はどちらも母父トニービン。京都ダート2日間で3着以内となった母父トニービンはこの2頭を含めて4頭目。
◎サイレントボーイはちょっとペースが早かった?マークもきつかったでしょうし、久しぶりの1800mでしたからね・・・
安藤騎手・武豊騎手どちらも勝てて良かった良かった、という感じですね。いろいろと。

今週はオーストラリアTは的中したものの、3重賞は1つも獲れず。それでも印をつけた馬の中から勝ち馬が出るようになってきたのでちょっとは調子が戻りつつあるのかもと希望を持ちながら、天皇賞は少ない買目で当てたいと目論んでおります^^
【競馬】人気ブログランキングはこちらです
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
2005年第2回東京開催4/23〜4/24データ(PDF 30KB)
2005年第3回京都開催4/23〜4/24データ(PDF 30KB)
2005年第1回東京開催データ(PDF 43KB)
2005年第2回京都開催データ(PDF 48KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】blogのTOPへ