シンガポール国際C出馬表左は【シンガポール国際C】クランジ芝2000m
(日本時間5月15日21時40分発走予定)
出馬表と各馬の血統、過去3回の1〜3着馬の血統です。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
それでは【シンガポール国際C】の予想を書かせていただきます。
【シンガポール国際C】は2004・2002年とハンプトン系(大系統)が大活躍。
今年の出走馬の中で父・母父どちらかがハンプトン系(大系統)となっているのはスターオーヴァーザベイ・エパロ・テルフェルの3頭。◎は昨年の勝ち馬エパロ父ランドは1995年のジャパンカップ勝ち馬で「知っているという安心感」もあり。【シンガポール国際C】ではエパロの他に2002年2着のパオリニも出していますし、クランジ競馬場の芝2000mはものすごくあっているのでしょう。
対抗はテルフェル。
それ以外の馬からは2002・2004年とノーザンダンサー系(大系統)ネイティブダンサー系(大系統)の組合せが好走し始めた感があるので、この組合せとなる馬の中からシーキングザダイヤ・フェニックスリーチの2頭。
最後に2001年には母父リボー系のワンツーもあったのでエクスカリバー

【結論】
◎エパロ
○テルフェル
▲シーキングザダイヤ
△フェニックスリーチ
△スターオーヴァーザベイ
△エクスカリバー

【買目(妄想)】
馬連BOX


テレビではやらないんですよね。シーキングザダイヤは結構いけそうな気がするのですが・・・
そういえばスズカマンボも登録していたんですよね。それにしてもマイネルレコルトにはぜひとも海外に行ってほしいみたいですね、私は^^;母父ハンプトン(大系統)ということなのですが。

【シンガポール国際C】他の馬系blogの予想は!?(人気blogランキングへ)
【無料メルマガ登録】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第2回東京開催4/23〜5/8データ(PDF 45KB)
2005年第3回京都開催4/23〜5/8データ(PDF 48KB)
2005年第1回東京開催データ(PDF 43KB)
2005年第2回京都開催データ(PDF 48KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】blogのTOPへ