2005年オークス登録馬の血統.JPG5月22日に行われる
【オークス】東京芝2400m
登録馬と近5年の1〜3着馬の血統は
こちらの表のようになっております。
「系統色分け表」はこちらです。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
父・母父どちらかがリファール系という馬が近5年で3着以内に4頭も好走しています。今年はアスピリンスノー・メジロトンキニーズの2頭が母父リファール系となっています。また、アスピリンスノーの父ミスプロ系×母父リファール(系)という組合せは昨年2着のスイープトウショウ、メジロトンキニーズの父ヘイロー系×母父リファール系という組合せは2000年2着のチアズグレイスと同じものとなっております。

2002・2003年は父ヘイロー系×母父ネイティブダンサー系(大系統)という組合せの馬が2着。今年はトップセラー・パーフェクトマッチ・ピューマカフェがこの組合せとなっております。逆の組合せだとアドマイヤメガミ。母父サンデーサイレンスは流行しつつありますので要チェックですね。

近年好走馬を多く出しているナスルーラ系(大系統)、なかでも注目したいのはグレイソヴリン系ブラッシンググルーム系。今年の登録馬ではビッグフラワーが母父グレイソヴリン系、ブリトンが父ブラッシンググルーム系となっております。

昨年の勝ち馬ダイワエルシエーロの母父、2000年3着のオリーブクラウンの父など、オークスの要注意種牡馬とも言えるドクターデヴィアス。今年はエリモファイナルが母父ドクターデヴィアスとなっています。

【注目穴馬くるならこの着順!?】
1着候補−エリモファイナル
2着候補−アスピリンスノー・アドマイヤメガミ・パーフェクトマッチ・メジロトンキニーズ
3着候補−ブリトン

今週は毎日【オークス】特集!!よろしくお願いいたします。
【オークス】他の馬系ブログの考察はこちら(人気blogランキングへ)
【無料メルマガ登録】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第2回東京開催データ(PDF 49KB)
2005年第3回京都開催データ(PDF 53KB)
2005年第1回東京開催データ(PDF 43KB)
2005年第2回京都開催データ(PDF 48KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】blogのTOPへ