6月12日に行われた
エプソムC・ファルコンSを1〜5着馬の血統をみながら
簡単にではありますが振り返りたいと思います。
【エプソムC】の予想はこちらでした。
エプソムC結果.JPGサンデー産駒は苦戦の重賞」と書いたとたん上位に・・・サンデー社長すみませんm(_ _)m もしもサンデー産駒が好走するとしたらパワー型のサイレントディールだけかなと思っていたのですが、ダイワレイダースですか・・・この馬は母母父がエプソムC好走血統のセントサイモン系(大系統)ではあるのですが、そこまで広げて考えると逆に馬券的に悪影響を与えそうなので、石崎隆之騎手だからもってきちゃった、くらいでいいのではないでしょうか。勝った○スズノマーチは予想記事にも書いたのですが土曜同コースで父ティンバーカントリー×母父サンデーサイレンスという同配合の馬が1着になっていました。内枠もやはり良かったですね。◎カンファーベストは外を回らされたのは痛かったですが負けすぎですね。どうしたんでしょう?
【エプソムC】他の方の予想結果はこちら(人気blogランキングへ)

【ファルコンS】の予想はこちらでした。
ファルコンS結果.JPG実はこのレースかなり熱くなって観ていました。完全に後出しで申し訳ないのですが、レース直前になって「レースが終わった後で『結局ダンチヒかよ』って言いそうな予感」と思い、シンボリグランカズサラインの馬連を追加。結果ハナ差の1・3着(/´△`\)
上のエプソムC回顧で「血統を広げて考えすぎると馬券に悪影響〜」と書いたばかりでいきなり逆のことを書いてしまいますが、ファルコンS終了後「2着フェリシア父グラスワンダー母父はダンチヒ」ということに気づき「結局ダンチヒかよ」と。◎テイエムチュラサンはなかなか見せ場をつくってくれたのですが、直線ではなぜか馬場の1番悪いところを走っていました^^;それにしてもフェリシア。テイエムチュラサンを本命にするのなら、フェアリーSでこの馬に勝っているフェリシアにはもうちょっと注意が必要でしたね。フェリシアは父グラスワンダー×母父ネヴァーベンド系という配合で、私の愛馬シルクスティール(未勝利デビュー以来3戦連続2桁着順)と同じ。この配合にはシルクネクサスもいて勝ち上がり率はかなり高いのですが、なぜうちの馬だけ。「アフリートアレックスが勝ったベルモントSの3着は未勝利馬」というチラッと聞いた情報から「シルクスティールも未勝利戦ではダメでも、もしファルコンSに出ていたら8着くらいにはがんばれたのではないか」など、フェリシアからいろいろなことを考えてしまったレースでした。
【ファルコンS】他の方の予想結果はこちら(人気blogランキングへ)
【無料メルマガ登録】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第3回東京開催データ(PDF 52KB)
2005年第2回中京開催データ(PDF 42KB)
2005年第2回東京開催データ(PDF 49KB)
2005年第1回東京開催データ(PDF 43KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】blogのTOPへ