7月3日に行われた
ラジオたんぱ賞・函館スプリントSを1〜5着馬の血統をみながら
簡単にではありますが振り返りたいと思います。
【ラジオたんぱ賞】の予想はこちらでした。
ラジオたんぱ賞結果.JPG予想の段階でグレイソヴリン系を重視したのですが、本当に重視するべきだったのはノーザンダンサー系(大系統)特にダンチヒ系だったようです。完全に読み違えていました。週中から買いたい馬が自分の中でできてしまったことが原因かもしれません。
レースは後方に位置した3頭が外を差して上位独占。こういったことから上位馬のこれからの扱いが難しいですが、勝ったコンラッドは上位3頭のなかでは早めに仕掛けて外を回し、さらに後ろからきた馬に差されなかったのですから立派。今回後方待機で好結果となりましたが先行力もある馬ですしあまり後方からの競馬にこだわらず、同じダンスインザダーク産駒のデルタブルースのように菊花賞で前目からロングスパートができれば面白い存在になりそう。3着エイシンサリヴァンの勝浦騎手は日曜日好調でしたが、外差しの馬場だったということが好調の原因だったのでしょう。エイシンサリヴァンにしても直線で外のあいたスペースに入れましたが、狙ってのものかどうかは不明。(すみません、勝浦騎手はシルクネクサスでした。間違っていました本当に申し訳ないです。)エイシンサリヴァンは高橋智騎手ということで、どうなのでしょう^^;結構乗れていると耳にした気もするので、ちゃんと馬場を読んでいての外差し騎乗だったのかもしれないですね。
負けた中ではトップガンジョーが強い競馬。3角あたりでレースが動いたそのタイミングで自ら仕掛け、最後も前に行った馬の中では唯一粘りました。しかしこれからもこういう負けて強しのレースを繰り返しそうで、今のままでは勝ちきるイメージがちょっと湧かないのですがどうでしょうか。
ダブルティンパニーはそれほど前にいかず持ち味が出なかった気もしますが、力不足なのかそれとも完調ではなかったのか・・・
【ラジオたんぱ賞】他の方の予想結果はこちら(人気blogランキングへ)

【函館スプリントS】の予想はこちらでした。
函館スプリントS結果.JPG勝ったのは1番人気のシーイズトウショウで2年連続での勝利。と書くと順当勝ちのようですが、土曜日までの函館芝1200mでサクラバクシンオー産駒がそれほど活躍できていなかったこともあり、個人的には苦戦するのではないかと思っていました。しかし日曜日になり芝1200mで行われた新馬戦でサクラバクシンオー産駒が1着。そのバイアスにのってシーイズトウショウも快勝。さらに芝1200mで行われた12Rでもシーイズトウショウと同じく母父クラリオン系の馬が2着に好走、という血統的な流れがこっそりあった日曜日でした。
2着のボールドブライアン「フェス値」という指数では1位だったのですが軽視してしまいました。ディープサマーは1200mよりは1400mのほうが向いていそう。
プレシャスカフェは直線入口では3番手。展開的には問題はなかったのですが、スタート直後に蛯名騎手が内のほうを何度もチラチラ見ていたり、一瞬立ち上がりそうになったりと何かチグハグな印象を受けました。
【函館スプリントS】他の方の予想結果はこちら(人気blogランキングへ)

【無料メルマガ登録】
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第2回福島開催データ〜7/3(PDF 41KB)
2005年第3回阪神開催データ〜7/3(PDF 42KB)
2005年第2回函館開催データ〜7/3(PDF 37KB)
2005年第2回阪神開催データ(PDF 46KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【血統フェスティバル】blogのTOPへ