クイーンS登録馬の血統8月14日に行われる
【クイーンS】札幌芝1800m
登録馬と近5年の1〜3着馬の血統はこちらの表のようになっております。
「系統色分け表」はこちらです。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
ノーザンダンサー系の血を持つ馬が5年連続勝利

父・母父どちらかがノーザンダンサー系(大系統)となっている馬が5年連続で1着になっています。特に好走馬が多いのがニジンスキー系
サンデーサイレンス系は圧倒的、というわけではないがそこそこの結果を出している。
パーソロン系にも注目。

父サンデーサイレンス×母父ニジンスキー系−スターリーヘヴン・ダンスインザムード
母父ニジンスキー系−ディアチャンス
父パーソロン系−コアレスパティオ・トウカイエデン

また、ダイヤモンドビコーが2年連続2着、オースミハルカが2年連続1着というように2年続けて好走する馬もいることから昨年2着のエルノヴァも注目。
週中に「昨年の第1回札幌開催開幕週の好走血統」を書かせていただきます。その中でクイーンSについてもふれたいと思います。よろしければご覧ください。
【クイーンS】他の方の考察はこちら(人気blogランキングへ)

【無料メルマガ登録】


【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第2回新潟開催データ(PDF 50KB)
2005年第2回小倉開催データ(PDF 40KB)
2005年第2回函館開催データ(PDF 41KB)
2005年第1回函館開催データ(PDF 41KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。


【血統フェスティバル】blogのTOPへ