ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
新潟記念登録馬の血統8月28日に行われる
【新潟記念】新潟芝・外2000mの登録馬と近4年の1〜3着馬の血統はこちらの表のようになっております。(2000年は中山で行われたため割愛させていただきます)
「系統色分け表」はこちらです。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
☆新潟記念=トニービン記念

新潟記念は近4年で「父・母父どちらかがトニービン」という馬が3勝2着1回3着1回と大活躍。昨年は母父クリスタルパレスというトーセンダンディが3着に好走していることからも、トニービン以外のグレイソヴリン系にも注目。
他ではノーザンテースト系も近年好調。父・母父として2年連続で2着馬を出していますし、昨年の勝ち馬スーパージーンの父となるサッカーボーイの母父もノーザンテーストだったりします。
リボー系などのセントサイモン系(大系統)も好走が目立ちます。
サンデーサイレンス産駒は近4年で1勝2着1回と微妙な感じ。好走した2頭の母父がトニービンとセントサイモン系(大系統)ということを考えると、母父が上記のような好走血統ならば好走できるのかもしれません。

父トニービン−メモリーキアヌ
父サンデーサイレンス×母父トニービン−アグネスシラヌイ
父グレイソヴリン系×母父グレイソヴリン系−ヤマニンアラバスタ
父サンデーサイレンス×母父ノーザンテースト−ダイワレイダース
○隠れセントサイモン系(大系統)−エイシンハリマオー・エリモマキシム・タニノエタニティ・チャクラ・ヤマニンアラバスタ

※血統フェスティバルでは、できるかぎり父・母父のみで考えるように努めているのですが、これだけセントサイモン系(大系統)が好走しているのに父・母父がこの系統という馬がいないのもなんだかさみしい・・・ということで母母父などにセントサイモン系(大系統)をもっている馬たちを隠れセントサイモン系として書かせていただきました。
週中に新潟芝コースのブラッドバイアスを参考にした記事を書かせていただきます。
【新潟記念】他の方の考察はこちら(人気blogランキングへ)

【無料メルマガ登録】


【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第3回新潟開催データ 〜8/21(PDF 38KB)
2005年第3回小倉開催データ 〜8/21(PDF 29KB)
2005年第1回札幌開催データ 〜8/21(PDF 33KB)

2005年第2回新潟開催データ(PDF 48KB)
2005年第2回小倉開催データ(PDF 38KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。


【血統フェスティバル】blogのTOPへ