ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
10月22・23日に行われた
【菊花賞】【富士S】を1〜5着馬の血統をみながら簡単にではありますが振り返りたいと思います。
☆3冠達成!古馬との対決が楽しみ!
【菊花賞】の予想はこちらでした。(馬単・3連単的中)
菊花賞結果◎ディープインパクトが無敗で3冠達成。今回はなかなかのスタート。それが災いして?馬が行きたがってしまったとのこと(武豊騎手)。直線を向くまではちょっとヒヤヒヤもののレース運びでしたが、粘る△アドマイヤジャパンを最後にはきっちりと差しきっての勝利。3着には○ローゼンクロイツ。
ディープインパクト、これで次からは古馬との対決。これは私の思い込みかもしれませんが、たとえば同じく早い段階で3冠と言われていたナリタブライアンなどと比べても、これまでにディープインパクトが現役古馬と実力を比較されることは少なかったように思います(過去の名馬と比べられることは多いですが)。ナリタブライアンの場合は兄ビワハヤヒデとの兄弟対決という話題があったので、自然に他の古馬とも比較されていたような気がしますが、「ディープインパクトとゼンノロブロイどっちが強いの?」という話題はあまりないような。しかし次からは古馬が相手となるわけで、やっと想像して楽しめますね。素直にうれしいです。

セントサイモン系はだめでしたが、サンデーサイレンス産駒が1着になると6番人気のターントゥ系(大系統)が2着か3着にくる」今回もこれに該当するアドマイヤジャパンがちゃんときましたね〜^^
非常に曖昧ですが「勝ち馬と強さの方向性(血統)がいっしょで、買い要素・不安要素ともに含まれている微妙な人気」というのが好走できる理由なのでしょうか。
【菊花賞】他の方の予想結果はこちら(競馬ブログランキングへ)


サンデー×ノーザンダンサーが3年連続優勝
【富士S】の予想はこちらでした。(馬単・3連複的中)
富士S結果勝った◎ウインラディウスは特に何の問題もなく1着に。勝つときはこういう感じなのでしょう。これで父サンデーサイレンス×母父ノーザンダンサー系(大系統)が3年連続1着。2着に粘った△タニノマティーニは好スタートから2番手というベストの競馬。マイネルレコルトは比較的前残りのなか後方から伸びてきているのでその点は評価できるものの、斬れる脚があるわけではなく、もっと前にいけるようにならないと(戻らないと)厳しい競馬が続きそう。
【富士S】他の方の予想結果はこちら(競馬ブログランキングへ)

【無料メルマガ登録】


【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトしてお好みでご利用ください)(PDF 2KB)
2005年第4回東京開催データ 10/8〜10/23(PDF 45KB)
2005年第4回京都開催データ 10/8〜10/23(PDF 45KB)
2005年第3回福島開催データ 10/22〜10/23(PDF 24KB)
2005年第3回東京開催データ 5/21〜6/12(PDF)
2005年第3回京都開催データ 4/23〜5/15(PDF)
2005年第2回福島開催データ 4/23〜5/15(PDF)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。


【血統フェスティバル】blogのTOPへ