【レース映像はこちらから】
香港マイル結果ハットトリックはスタート後あまり行きっぷりが良くなく、追っ付け気味。いつも通り後方からの競馬。最終コーナー前辺りからじわじわと上がり直線では外から伸びて1着。アサクサデンエンは騎手の腕が早い段階から動いていた。馬場が合わなかったかもしれないが、大崩れはしなかった。
これで角居調教師・キャロットはアメリカンオークスのシーザリオに続いて今年海外2勝目。各レースでハイペリオン系が好走していることから、香港は京都っぽいの?と勝手に思っているのですが、もしもそれが正しければ京都得意のハットトリックは香港がかなり合っていたのかも。