ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
フェブラリーS登録馬の血統2月19日に行われる【フェブラリーS】東京D1600mの登録馬と近5年の1〜3着馬の血統はこちらの表のようになっております。
「系統色分け表」はこちらです。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
☆昨年はストームバード系のワンツー!

■昨年は父・母父どちらかがストームバード系という馬のワンツー決着だった。ダンチヒ系ヌレイエフ系も好成績。
ミスプロ系からは毎年2頭くらいが3着以内に入ってくる。ティンバーカントリー産駒(ミスプロ系)が2年連続好走中。
ヘイロー系は毎年1頭くらいが3着以内に入ってくる。

父ストームバード系:サンライズバッカス・シーキングザダイヤ(昨年2着)
父ヘイロー系×母父ストームバード系:メイショウボーラー(昨年1着)
父ダンチヒ系:アジュディミツオー
ティンバーカントリー産駒(ミスプロ系):ヒシアトラス(昨年3着)

今週は【血統フェスティバル】フェブラリーS超攻略!
【フェブラリーS】他の方の見解はこちら(競馬ランキングへ)

【無料メルマガ登録】


記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
2006年第1回東京開催データ 1/28〜2/12(PDF 47KB)
2006年第2回京都開催データ 1/28〜2/12(PDF 44KB)
2005年第1回東京開催データ(PDF 53KB)
2006年第1回京都開催データ(PDF 52KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。


【血統フェスティバル】blogのTOPへ