ブログネタ
競馬@全般 に参加中!
弥生賞結果左は【弥生賞】中山芝2000m1〜5着馬の血統です。こちらをみながら【弥生賞】を振り返りたいと思います。
【弥生賞】の予想はこちらでした。
勝ったのはアドマイヤムーン。後方2番手から。サクラメガワンダーが上がってくるのを待ち、直線を向くと反応良く伸び先頭に。ここから後方内を進んだグロリアスウィークとの併せ馬となり、ゴール前突き放す。外をまくって千切るかと思わせるが、馬体を併せた馬に盛り返されてヒヤッとさせ、それでもゴール前でグイっと前に出るという勝ち方は、展開・ラップなどは別として一応形としては昨年のディープインパクトといっしょ。
グロリアスウィークはしゃべる!血統フェスティバルでも言っていたのですが、個人的にあまり中山芝2000mというイメージはなかったものの新馬戦を勝ったときに中山芝2000mと東京芝2400mに注目と書いていたようで・・・今回2着に健闘しましたし春の2冠では買いたいと思います。
あとは1着エンドスウィープ産駒−2着スペシャルウィーク産駒ということでシュボコン!馬単炸裂ですね。(私はこの方法を使うことも、新馬戦勝利時に書いたこともすっかり忘れていたので、無印でした・・・。こんなブログでもいろいろヒントは転がっているようなので、レース前にはきちんと読み返したいと思います^^;)
弥生賞、レースとしては後方を進んだ馬が上位を占めました。スーパーホーネットは直線で前が塞がる不利がありながら、また伸びていました。最後は他馬と脚色がいっしょになっていたので大きなことは言えないと思いますが、常に要注意な存在ですね。
【弥生賞】他の方の予想結果はこちら(競馬ランキングへ)

【無料メルマガ登録】


【血統フェスティバル】データ
記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
2006年第2回中山開催データ 2/25〜3/5(PDF 34KB)
2006年第1回阪神開催データ 2/25〜3/5(PDF 37KB)
2006年第1回中京開催データ 3/4〜3/5(PDF 25KB)
2006年第1回中山開催データ(PDF 47KB)
2005年第5回阪神開催データ(PDF 46KB)
2005年第3回中京開催データ(PDF 42KB)

データはすべて無料です。よろしければご利用ください。
その他のデータもこちらから無料で利用できます。


【血統フェスティバル】blogのTOPへ