天皇賞・秋結果左は【天皇賞・秋】東京芝2000m1〜5着馬の血統です。こちらをみながら【天皇賞・秋】を振り返ります。
【天皇賞・秋】の予想はこちらでした。

トリリオンカットの競争除外でレース前に馬券的な楽しみはもうなくなっていました^^;
現在の東京芝コースの直線は内側は伸びず、真ん中が伸びる馬場。このことから天皇賞でも「内有利だった昨年・一昨年にくらべて今年は先行馬は割引、その分真ん中を通ったチョイ差し馬が勝つ。昨年のゼンノロブロイが今年の馬場だったら伸び切って勝っていたイメージ」で考えていたのですが(それでダンスインザムードを◎にしていたのはおかしな話ですが^^;)、ちょっと違ったようです。真ん中の差し馬場というよりは、あそこが(たぶん実際にはあそこから外が)グリーンベルトなんだとイメージしたほうが個人的にはしっくりきました。馬場の良いところがもっと外なら(内〜真ん中が悪ければ)その外を通るのは後ろの馬なので外差し馬場なのですが、現在は内だけが悪くて真ん中は良い馬場。真ん中がグリーンベルトということで先団を進んでいた馬が無理なくそこを通れてしかもそこに入ってしまえば止まらない。止まらないので外の差し馬もちょっと届かないという感じ。もちろんちょっとずつ外にシフトしていくと思いますが。

  • 1着:ダイワメジャー

  • 実質キルトクールしたようなものですが・・・。スタートは良く離れた2番手から。直線では馬場の良い真ん中に入り坂の途中で先頭、最後まで内のスウィフトカレントに抜かせなかった。2コーナーまでに内目に切れ込んでちょっと邪魔をした以外は完璧。

  • 2着:△スウィフトカレント

  • 中団の内目から。他馬より早めに内を上がり、4コーナーでは他馬が外を回るなかでこの馬だけは無理なく回って馬場の真ん中に入る。そこから前のダイワメジャーを交わせなかったのは早めに動いた分か、それとも地力の差なのでしょうか。それでもこちらも本当に上手く乗ったという印象。鞍上が土曜のシルクトワイライトで内を突いて伸びなかった経験を存分に活かしたのだと思います(しつこい)

  • 3着:「キ」アドマイヤムーン

  • 中団の後ろから。直線入り口ではスイープトウショウに併せにいきましたが弾かれて馬場の真ん中に。そこからはコスモバルクとの併せ馬に切り替えて伸びる。たぶんG1で勝ちきることはないと思いますが、なんだかんだでちゃんと伸びるんですよね・・・今後どうしたものか困った存在になりそう。

  • 4着:△コスモバルク

  • 先団の後ろから。上手くレースを運んで4コーナーではこの馬が勝ったと思ったのですが。最後までしぶとく伸びているものの瞬発力の差が出たかなという感じ。

  • 5着:▲スイープトウショウ

  • この馬なりに外を伸びている。

  • 6着:◎ダンスインザムード

  • 序盤ちょっと掛かり気味にも見えましたが、それにしても伸びなかったですね。前走のことが影響したのか、結果的には仕掛けがやや遅れた気もします。

    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!


    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2006年第4回東京開催データ (PDF 50KB)
    2006年第5回京都開催データ (PDF 49KB)
    2006年第3回福島開催データ 10/21〜10/29(PDF 34KB)
    2005年第4回東京開催データ(PDF 50KB)
    2005年第4回京都開催データ(PDF 50KB)
    2005年第3回福島開催データ(PDF 44KB)