ダイヤモンドS出馬表左は【ダイヤモンドS】東京芝3400mの出馬表と各馬の血統、近5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【ダイヤモンドS】の予想を書かせていただきます。
☆【ダイヤモンドS】登録馬の血統
☆【ダイヤモンドS】攻略!東京芝コース!
★しゃべる!血統フェスティバル ダイヤモンドSときさらぎ賞の予想

  • 【ダイヤモンドS】近5年の傾向(出馬表2から):ここ2年は父か母父がターントゥ系(大系統)という馬が1〜3着を占めている。なかでもダンスイザンダーク産駒(ヘイロー系)ロベルト系に注目したい。ニジンスキー系も影響力がありそう。差し・追い込み有利。上がりの速さは重要(本当の意味でのキレは要求されない)。3〜4コーナー辺りから外を上がって最後まで持続できる馬。

  • 今東京芝1800〜2400mの結果(表):全体的にはターントゥ系(大系統)中心だが、2400mまで距離が伸びるとちょっと勝ちきれない感じになっている。それでもダンスインザダーク産駒(ヘイロー系)スペシャルウィーク産駒(ヘイロー系)は注目。サドラーズウェルズ系グレイソヴリン系パーソロン系などが良さそう。


  • ここ2年は菊花賞馬を輩出したり自身が菊花賞を勝っている種牡馬の産駒が活躍するなど、父の長距離種牡馬としての格が結果に表れるレースになっている印象。
    ◎はエルコンドルパサー産駒(ミスプロ系)のトウカイトリック。この馬自身昨年のこのレースで3着。さらにソングオブウインドが昨秋の菊花賞を勝ったようにエルコンドルパサー産駒(ミスプロ系)の長距離レースでの格が相対的に上がっていると考えれば、昨年のダイヤモンドSでワンツーを決めたダンスイザンダーク産駒(ヘイロー系)が1頭もいない今年は普通に1着になるのではないかと無理やり。
    ○に父サドラーズウェルズ系のバイロイト。▲にチャクラ。
    そのほかチェストウイング・エリモエクスパイアまで。

    【予想印】
    ◎トウカイトリック
    ○バイロイト
    ▲チャクラ
    △チェストウイング・エリモエクスパイア
    買い目:馬単◎1着付け、3連単◎→○→▲△△、3連複◎1頭軸

    キルトクールは アドマイヤフジキルトクール
    道中外を回ることになったら切った私の勝ち、上手く内を進んだら福永Jの勝ち。

    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!
    【血統フェスティバル】blogをlivedoor Readerに登録!
    2月11日日曜日の系統色分け出馬表


    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2007年第1回東京開催データ 1/27〜2/10(PDF 42KB)
    2007年第2回京都開催データ 1/27〜2/10(PDF 42KB)
    2007年第1回小倉開催データ 1/20〜2/10(PDF 40KB)