フェブラリーS登録馬の血統2月18日に行われる【フェブラリーS】東京D1600mの登録馬と近5年の1〜3着馬の血統はこちらの表のようになっております。
「系統色分け表」はこちらです。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
  • 近年は父ヘイロー系×母父ノーザンダンサー系(大系統)という配合馬が毎年好走している。

  • ノーザンダンサー系(大系統)のなかではストームバード系に注目。

  • ミスプロ系も1頭はおさえておきたい。

  • ここ2年は
    1着:父ヘイロー系×母父ノーザンダンサー系(大系統)
    2着:父ストームバード系(シーキングザダイヤ)
    3着:父ミスプロ系
    という決着だった。


  • 父ヘイロー系×母父ノーザンダンサー系(大系統):サイレントディール(2004年2着)・リミットレスビッド
    父ストームバード系:サンライズバッカス・シーキングザダイヤ(2年連続2着)・ツムジカゼ
    母父ストームバード系:シーキングザベスト・ハリーズコメット

    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!


    フェブラリーS登録馬の血統(表2)
    (位置取り・脚質・進路などは管理人の判断によるもの)
  • 基本的には中団からジワッと上がって35.5前後の末脚を使える馬。


  • フェブラリーS血統・ラップ・コース図はズルコビッチの穴様が超便利!

    2006年推奨馬単勝回収率100%オーバー!
    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!


    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2007年第1回東京開催データ 1/27〜2/11(PDF 45KB)
    2007年第2回京都開催データ 1/27〜2/11(PDF 44KB)