ニュージーランドT出馬表左は【ニュージーランドT】中山芝・外1600mの出馬表と各馬の血統、近5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【ニュージーランドT】の予想を書かせていただきます。
☆【ニュージーランドT】登録馬の血統
☆【ニュージーランドT】攻略!中山芝1600m!

  • 【ニュージーランドT】近5年の傾向(出馬表2から):父か母父がミスプロ系という馬が6年連続で勝っている。ここ2年はターントゥ系(大系統)が活躍、なかでもロベルト系に注目。他に気をつけたいのはプリンスリーギフト系ダンチヒ系。直線入り口で先頭にいる馬がそのまま粘ることが多い。上がりは逃げ・先行馬が35.5前後、差し・追い込み馬は34.5を切るくらい。

  • 先週の中山芝1600mの結果(表)サドラーズウェルズの影響が強い。2勝をあげているエルコンドルパサー(ミスプロ系)の母父もサドラーズウェルズ。他ではダンチヒ系ネヴァーベンド系ヘロド系(大系統)にも注意。


  • ◎はグラスワンダー産駒(ロベルト系)マイネルレーニア。正直外過ぎるかなとも思いますが、これが積極的な競馬につながるなら問題なし。父・母父ともミスプロ系ではないですが、昨年のマイネルスケルツィと同じ先行できるグラスワンダー産駒(ロベルト系)とあくまで良いところだけ拾うご都合予想。というか条件は十分揃っているでしょう。
    ○にスズカコーズウェイ。危ない気配は漂うもののシーキングザダイヤを勝たせたのもこの鞍上だし・・・。
    ▲に2年連続好走中父ロベルト系×母父ミスプロ系という配合のヤマカツブライアン。
    △シベリアンバード・マイネルランページの黄梅賞1・2着馬。

    【予想印】
    ◎マイネルレーニア
    ○スズカコーズウェイ
    ▲ヤマカツブライアン
    △シベリアンバード・マイネルランページ
    買い目:馬単◎→、3連複◎1頭軸

    キルトクールは シャドウストライプキルトクール
    ダート的な馬が走っていることも、サクラバクシンオー産駒が走っていることも承知していますが、近2走と同じことを芝でやった場合そのままついていけない可能性もなくはないかと。



    探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com

    【血統フェスティバル】のメルマガ(無料)に登録!
    4月7日土曜日の系統色分け出馬表


    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2007年第3回中山開催データ 3/24〜4/1(PDF 35KB)
    2007年第2回阪神開催データ 3/24〜4/1(PDF 39KB)
    2007年第1回福島開催データ 3/31〜4/1(PDF 26KB)
    2007年第2回中山開催データ(PDF 44KB)
    2007年第1回阪神開催データ(PDF 54KB)
    2006年第1回福島開催データ(PDF 45KB)