小倉大賞典出馬表左は【小倉大賞典】小倉芝1800mの出馬表と各馬の血統、過去5年の1〜3着馬の血統です。(クリックすると大きな画像で見ることができます。)「系統色分け表」はこちらです。【小倉大賞典】の予想を書かせていただきます。
★ウマニティでの予想
☆【小倉大賞典】登録馬の血統
☆【小倉大賞典】攻略!小倉芝1800m!

  • 【小倉大賞典】過去5年の傾向(出馬表2から):昨年はロベルト系の血を持つ馬が2・3着。東京や中山の重賞ではあまり見ないような血統だな、くらいのマイナー色があったほうが良い。外から上がり34秒台の脚を使える馬。逃げ馬は直線入り口で後続を離す乗り方なら。

  • 小倉芝1800mの傾向(表)サンデーサイレンス系(ヘイロー系)は勝ちきれず、ダートっぽい血統やグレイソヴリン系などが活躍。


  • ◎シルクネクサス 小倉大賞典(2008年)◎は父ロベルト系×母父ナスルーラ系(大系統)のシルクネクサス。ロベルト系は昨年2・3着で適正あり。今小倉開催芝1800mで好調の母父ナスルーラ系(大系統)の後押しもある。
    ○にも母父ナスルーラ系(大系統)からディアデラノビア。愛知杯の予想では「最大の武器だった一瞬の脚にも若干衰えが。逆にエリザベス女王杯では外から長めの脚を使っており、もしかしたら愛知杯に対応できるタイプにシフトしてきているのかも。」という見解から◎にしたところ結果的には見事期待に応えてくれたのですが、実際には一瞬の脚で割ってきたところもあり、いまだに答えはわからず。今回こそ答え合わせということで。
    ▲は上がってきたサンデーサイレンス産駒ニルヴァーナ。
    その他には外枠のナスルーラ2頭に、◎馬と同父系のミュージックホーク。

    【予想印】
    ◎シルクネクサス
    ○ディアデラノビア
    ▲ニルヴァーナ
    △アサカディフィート・フィールドベアー・ミュージックホーク
    買い目:◎〜▲の単勝、◎から馬連・3連複

    キルトクールはマルカシェンク
    昨年といっしょで。

    180x60_0802
    日本一の無料会員制競馬SNSへ参加しよう!



    【血統フェスティバル】データ
    記録用シート(プリントアウトすると便利です。)(PDF 2KB)
    2008年第1回東京開催データ
    2008年第2回京都開催データ
    2008年第1回小倉開催データ