AJCC登録馬1月20日に行われる【アメリカJCC】中山芝・外2200mの登録馬と過去5年の13着馬の血統はこちらの表のようになっております。
「系統色分け表」はこちらです。
(クリックすると大きな画像で見ることができます。)
★関連記事:携帯用 1週前予想 アメリカJCC攻略!中山芝2200m!

★1週前予想の◎馬は⇒人気ブログランキングへ

☆持続力レースになりやすく、スタミナ的な持続力に優れたグレイソヴリン系ネヴァーベンド系リファール系などが活躍。

☆スピードの持続力があるノーザンテーストボールドルーラーも良い。

人気ブログランキング【AJCC】の血統プライマル
(過去3年の1〜3着馬9頭が対象)


☆タイプ:スタミナ型(万能型)9/9
☆スピード系統:6/9
☆系統サンデーサイレンス系6/9
☆注目血統グレイソヴリン系ネヴァーベンド系リファール系ノーザンテーストボールドルーラー

にほんブログ村 トラコミュ 第54回 アメリカジョッキーCC(GII)へ
第54回 アメリカジョッキーCC(GII)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
取捨が難解な正月競馬も必然の的中ラッシュが止まらない!
シンザン記念⇒相手は9人気の超伏兵!3連単2万9880円的中
京都金杯⇒相手は6人気のトライアンフマーチ!馬連2150円的中
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昨年⇒確信◎ルーラーシップから馬連&3連単大本線でズバリ!
【第54回アメリカJCC(GII)⇒◎−○1点勝負 】


今年有力視されている“アノ3頭”には付け入る隙があるんです!

ナカヤマナイト⇒中山巧者で侮れない面あるが、重馬場にならない限りは・・・
ルルーシュ⇒実績上位は間違いないが、中山コースはオールカマー5着が最高
ダノンバラード⇒8着だった金鯱賞より相手揃った上に、勝ち切れない印象で

+−−−−−−−−−−−−−−−▼−−−−−−−−−−−−−−−+
さらに出走してくれば1番人気まであった有馬記念5着のスカイディグニティが屈腱炎を発症。これを受けより混戦に拍車が掛かった事は言うまでもない。目の上のタンコブがいなくなったとあって、色めきだっている陣営が多い中、某陣営だけは『非常に残念』と不満顔。続けて『世代レベルの高い4歳のトップクラスのアノ馬(スカイディグニティ)相手にドコまでやれるのかを確認したかった』とも明かしており、ココを試金石の一戦と位置付けていたのだ。

しかし、これは裏を返せばそれだけ自信があるからに他ならず、有力視されている3頭に付け入る隙があるとあれば絶好の狙い目と言えよう。さらに春のG1戦線に向けて賞金が必須となる超穴馬の存在もすでに入手済み!2頭で決まれば想定回収率1000%以上の◎−○1点勝負!
天候、及び馬場状態を考慮した上でレース当日14時にメールにて無料配信するのでお楽しみに!


→→想定回収率1000%以上!◎−○1点勝負馬券を無料で入手する←←

チェックメイト:アメリカJCC200-200